「はらくっついTOHOKU」3rdシリーズ缶詰

東京・丸の内と東北・宮城のシェフたちが宮城県の生産者、水産加工会社と絆を育み作り上げてきた「はらくっついTOHOKU」缶詰プロジェクト。いよいよ3rd シリーズがスタートします。

食のブランディングを通して被災地の復興を支援する「Rebirth 東北フードプロジェクト」の第6弾として2014 年に始まったこのシリーズ、これまで64000 個が製造され、現在も好評発売中です。2015 年には「フード・アクション・ニッポン アワード」優秀賞を受賞。そして震災から5年目を迎え、取り組むテーマも復興支援から地方創生へとシフトしました。 3rd シリーズのチャレンジ、それは地域の課題に共に向かい合い、価値を作り出すこと。3年に及ぶ取組みの経験と、地域での信頼をステップに、本格的なフレンチの缶詰が完成しました。

素材をかけ合わせて味を創造する、フレンチの底力

 フランス料理は、魚ならば骨から頭まで、素材のすべてを生かす無駄のない合理的な料理。さらに異国の食文化や素材、調味料やスパイスを大胆に取り入れながら発展して来た料理です。

昨年9月、三陸の海を臨む石巻、気仙沼にフレンチのシェフが集い、目的に向けて一歩を踏み出しました。まずは、体系化されたフレンチの料理法から様々な手法を駆使して、さらに現地での出会いや発見がエッセンスとなり、レシピが練り上げられて行きました。

◎石巻「石巻産宗太カツオとトマトのうまみカレー 9種類のスパイスがマイルドに香る~」
(木の屋石巻水産
×山口浩×佐々木現人)

 石巻港でサバの次に水揚げ量の多いカツオ、中でも小型の宗太カツオを使って美味しいカレーを作りたいというテーマにチャレンジしました。宗太カツオはマリネしてから蒸し、骨まで柔らかくなるよう加熱。酸味のおだやかな石巻産トマトのうま味をかけ合わせ、9つのスパイスで奥行きを出したルーには、山口シェフのアイデアで木の屋水産の看板商品「鯨の大和煮」のタレを加えました。スパイシーでマイルド、コクのあるカレーの完成です。

◎気仙沼「気仙沼産フカ肉入りオマール海老のビスク ~濃厚豆乳とオイスターソースの深いコク~」
(石渡商店
×ドミニク コルビ×佐藤克彦)

 フカヒレ生産量日本一の気仙沼。高タンパクで低脂肪、コラーゲンたっぷりのサメ肉(1)は高級なはんぺんの材料となります。しかしそれだけではもったいない、知られざるサメ肉の美味しさにもっと光を当てたい! コルビ氏は魚介の出汁をベースにオマール海老のビスクを作り、繊細なサメ肉の味わいを引き立てようと思いつきました。サメ肉の切り身と団子は、試作を重ねながら加熱を工夫して柔らかく仕上げ、さらに看板商品のヒット商品「完熟オイスターソース」、豆乳クリームを加えてうま味とコクを深めました。通常の缶詰より2倍の手間をかけたリッチな味わい、銘品の誕生です。(文・Kanako Teshigawara

※1現地ではサメの肉のことを「フカ肉」と呼び、主にモウカザメ、ヨシキリザメの肉を指す。

 

[石巻]昨年9月に竣工した石巻魚市場は最新の設備を誇ります。

水揚げを見学後、木の屋水産にて最初のミーティング。

 

[気仙沼]サメ肉を下ろすコルビ氏、初めてとは思えない見事な手さばき。製造ラインを見学後、アイデアを出し合い。

 

「はらくっついTOHOKU3rdシリーズ缶詰の販売先

日本の御馳走 えん


東京都千代田区丸の内1-5-1 新丸ビル B1F
03-5224-3755
http://www.gochiso-en.com/

明治屋 丸ビルストアー


東京都千代田区丸の内2-4-1 丸ビルB1F
03-3201-6611
http://www.meidi-ya-store.com/

 

三菱地所|CSR|Rebirth 東北フードプロジェクト