【2021年、新たな時代に大切にしたいこと】堀ママ #たっぷり眠る

自粛生活や新しい生活様式を体験し、ニューノーマルな時代の中で私たちはこれからをどう生きていけばいいのか。コロナ禍で生まれた思考や未来への気づきを各分野のキーパーソンにインタビューして、社会にポジティブな連鎖が生まれることを目指す【2021年、新たな時代に大切にしたいこと】。
今回ご登場いただくのは、婦人科・不妊症の漢方専門家の「堀ママ」さん。オネエキャラのSNSが人気で、愛あるメッセージに女性たちが共感。特にインスタグラムは開設からわずか1年で14万人のフォロワーを獲得しました。不妊、婦人科疾患、うつ、ダイエットなど、全国からの悩み相談はこれまでに5万件超。西洋医学、漢方医学、心理学の3つの視点からの総合的なアプローチが評判で、体の不調を解消するだけでなく、本人が抱える常識や執着といった束縛からの「心の開放」を終着点としています。2020年12月には『自分を傷つけながら生きるなんて、あんたどれだけドMなの?』(ダイヤモンド社)を上梓し、全国の悩める女子から届く心と体の相談に、独自の語り口でずばっと回答。今回の取材でも、カウンセリングの経験に基づいた話を織り交ぜ、胸に刺さる言葉の数々をいただきました。
※本記事は2021年1月に取材を行いました

女性はずっと無理をしている

インスタグラムのフォロワーが18.1万人を数え、インスタグラムのフォロワーが18.1万人を数え、さまざまな相談が寄せられるという堀ママ。なかでも不妊の相談が一番多いのだそうです。「男女平等といえば都合がいいけれど、その名の下に仕事も家事もしなければならない女性が多くて、しわ寄せがきてるのよ。20代のうちに妊娠をと思う人は多いけど、“キャリアに響くから”と言って、妊活が30代、40代にずれ込んでだんだん妊娠しにくくなる。一方で子供を産んでほしいというプレッシャーは、少子化対策なんて言われるように社会的にもある。加えて、女性が若いときは妊娠というと嫌な顔をするくせに、歳を重ねて子どもがいないと変な顔をするのよね、社会って。その辺の圧がすべて女性にかけられているんだと思う。もう、女性は無理をさせられているって認めていいと思うわ。『無理!』って言っていい」と話します。

空いた時間があるなら、「まず寝て!」

「新型コロナウイルスは大変だけれど、もしも会社に行く時間が減ったのなら、寝ましょう!」と堀ママ。「余った時間で寝るんじゃなくて、睡眠時間のスタートを決めて6時間以上寝る。これを最優先のタスクにしてほしいわ。カウンセリングをしていると、睡眠時間が足りていない人ほど不調で辛いのよ」。睡眠が6時間以下になると、脳に影響が及んでどうしてもネガティブになってしまい、負の循環が生まれてしまうそう。「ついでにいうと、スマホは目覚まし時計に使わないで」。スマホの画面を見ると睡眠の質が悪化するので、寝室には持ち込まないのが鉄則なのだとか。

体調が良くなると心が良くなる

「睡眠が足りないと、いくらいい漢方薬を飲んでも効かないのよ。だけど、体の状態が良くなると心が良くなり、不調がなくなると言葉が変わるの」とカウンセリングの経験から語る堀ママ。だから「心をプラスにもっていくには、まず寝て、無理をしないで。そして自分を大切にしてあげて。そうすれば家族に優しくなれるし、夫婦関係、会社の人間関係も良くなるし、楽しく過ごせるんじゃない?」。実際、多忙な堀ママも休みはしっかりとるそうです。疲れていると、人の話を「うんうん」と聞いていられなくなるのだとか。

居心地がいい場所で、自分の時間を楽しむ

以前は忙しく飛び回っていた堀ママ。しかし、コロナ禍で家にいる時間が長くなり、好きなものに囲まれている時間が増え、それがすごく楽しいと気づいたのだとか。そして直接会えなくても、人とSNSでつながれるありがたさを実感し、人とのつながりを改めて大事にしたいと思ったそう。だからこそ「実際に会って話したい。好きな場所でお話しするのも素敵な時間だから。新型コロナウイルスが落ち着いたらそうしたいわ」と話します。

「あ〜、幸せ」の気持ちを大切に

堀ママ曰く、楽しめることが思いつかないという人は何かを我慢しているのだそう。「先に嫌なことを辞めないと、楽しいことが出てこないのよ。だから何が嫌かを考えるってすごく大事」。堀ママも「今はそうではないけれど…」と前置きしつつ、「実家の薬局を継ぐため、出雲に『強制送還』させられた当時は父親が本当に嫌だった」と話します。「それで(父と会わなくて済むように)新しいお店を無理矢理出したの。そこから関係が良くなっていったのよ」。自分に正直に嫌なことをやめたら、自ずと現在のように自然体で人生を楽しめるようになったのだとか。

「自然体で素の自分に戻るためには、自然のなかで一人になるのが良いの。自然を感じると脳が『はぁ』ってなって、自然体になれる。私もお茶で一息ついて緑を見ると『あ〜、幸せ』って思う。終わりよければ全てよし。10年後の自分には『楽しかった?』と聞きたいわね」と語る堀ママ。その境地にはまだまだ遠いと自分を顧みつつ、まず実践できることは「よく寝ること」。睡眠は体調に影響し、体調が良くなれば心が良くなる。私たちの10年後も「楽しかった」と言い切れるように、今日から睡眠時間をたっぷり摂りたいものですね。

 

Profile)
堀ママ (ほりまま)
婦人科・不妊症を専門とする漢方薬剤師。出雲大社の参道で約100年続く老舗漢方薬局の4代目を務める。薬学部を卒業して薬剤師となるも、対症療法中心の西洋医学とは違う東洋医学・漢方の根本療法に魅力を感じて方向転換。体の不調の解消だけでなく、本人の抱えている常識や執着といった束縛からの「心の解放」を終着点としている唯一の漢方薬剤師である。オネエキャラで投稿するブログやインスタグラム(@hori_mama_)が人気。別名義の著書もあり、『血流がすべて解決する』『血流がすべて整う食べ方』『血流がすべて整う暮らし方』(すべてサンマーク出版)が好評発売中。

「堀江薬局オフィシャルサイト」
https://www.funin-kanpo.com


<その他、おすすめ記事はこちら>

>>【これからの食を考える 7つの質問】29人のインタビュー
https://shokumaru.jp/7q-all-2/

>>【Conscious Woman】荻野みどり 「豊かな食を未来へつなぐ」
https://shokumaru.jp/cs-02-01/

>>【Conscious Woman】小島未紅 #1 理想のブラを作るため
https://shokumaru.jp/cs-03-01/

文/石井かつこ