【Conscious Woman】荻野みどり #2 大切な習慣「睡眠の質を上げるため」

ニュース

自身の内面に真摯に向き合い、未来を照らすビジョンを持ってこの時代をしなやかに生き抜く“Conscious Woman”。今回お話を聞いたのは、ココナッツオイルブームを牽引した「ブラウンシュガー1ST」の代表取締役の荻野みどりさん。食品メーカー「BROWN SUGAR 1ST」、クラフトジンの製造販売を行う「BROWN SUGAR 1ST.AL」、食と母乳の研究をする「株式会社Bonyu.lab」など、多岐にわたる活動をしてる彼女が考える、「運動」「睡眠」「食事」の重要性についてお話をうかがいました。

アクティブに生きるために、休息を大切にする

「子どもに安全な食を提供したい」、そんな想いからオーガニックでナチュラルなお菓子の開発、販売から、母乳の研究まで手掛ける荻野さん。未来へと豊かな食のバトンを渡すことをミッションに、経営者として、母として忙しく生活する中で、大切にしている「食事」「睡眠」「運動」の考え方はとても興味深いものでした。「食事は、作ってくれた人、届けてくれた人、料理してくれた人とのつながりや背景を想像して『いただきます』。また、食べて『おいしいなぁ』とココロからしみじみ感じることを大切にしています。もともと食いしん坊なので、食べることは幸せなこと。この感覚が大事だと思っています」。体型維持や健康のために我慢や制限はしていないそうで、「それがその人にとって快適なら、やったら良いと思う」と荻野さん。


荻野さんが地元である福岡県久留米市で手掛けるスパイスブランド「TAKECO1982」

運動と睡眠は繋がっていると考えているそうで、あえて運動する時間は作っていないそうですが、日々の生活の中でからだを動かしています。「自転車で移動したり、エスカレーターではなく階段を登ったり、気がついたときにストレッチをしたり。運動をするとよく眠れるようになりますよね。睡眠のためにはいろいろしていて、まず、朝起きたらベッドメイク。帰ってきてベッドがキレイだったら気持ち良いですよね。また、20時半くらいにはリビングを間接照明だけにして明るさを落とします。からだが自然と“寝るモード”に入ることで、ぐっすり眠れるようになります。そして、寝具は真っ白で質が良いものをセレクト。織り目が緻密でなめらかな触り心地のものは、気持ちが良いんです」と、深い眠りのためには余念がないそう。しっかりと休息することで、アクティブに仕事や子育てに向かうエネルギーをチャージしているのです。


>>続きを読む
【Conscious Woman】荻野みどり #3 OFFの過ごし方「自分の役割を棚卸し」
https://shokumaru.jp/cs-02-03/

 

Profile
荻野みどり(おぎの・みどり)
1982年生まれ、福岡県出身。2011年に第一子を出産した4カ月後、お菓子ブランド「ブラウンシュガーファースト」を立ち上げた。その後、ココナッツオイルに出合い、2013年に法人化。輸入と卸しをスタートする。2018年に「株式会社Bonyu.lab」を創業し、2019年4月には「株式会社BROWN SUGAR 1ST.al」よりプレミアムオーガニッククラフトジンの販売を開始。

ブラウンシュガーファースト
https://bs1stonline.com/

写真/竹内洋平 文/河島まりあ