About

「食育丸の内」とは、三菱地所の「都市と食に関する問題」に取り組むプロジェクトの一環です。「食」に関する様々な活動を通じて、生産者、消費者、レストランが共に手を携え、人々が一層、心身共に健康になれる社会づくりを目指し活動していきます。

詳しくはこちら

Chef's Club

丸の内エリアを中心に活躍されている、日本を代表する和食・フレンチ、イタリアン、アジアン、4ジャンルのシェフ26名によって構成される「丸の内シェフズクラブ」。ただ、調理するではなく、食育を合言葉に、実際に生産地に足を運んだり、子どもたちへの食育授業など様々な提案、イベント発信などを行っています。

詳しくはこちら

Contents

マルシェに行こう
イートアカデミー
旬のシェフズランチ
子どもの食育ウェルカムキッズ
シェフの履歴書
服部幸應の食育のツボ
私を育てた『あの時、あの味』
元気になるニッポンの味めぐり
ラブテリ東京&NYヘルスリテラシー向上委員会
Will Conscious Marunouchi
<Will Concsious Marunouchi 2015>まるのうち保健室「私のからだと仲良くなる時間」
毎日を賢く楽しむ、働く女性たちへ

食を通じて、女性の身体と未来を作る「Will Conscious Marunouchi」。プロジェクトの一環として、昨年開催した「まるのうち保健室」を通じ、1000人を超える参加者から集まった健康データや食習慣データより、働く女性の深刻な栄養不足、運動不足、睡眠不足が浮き彫りとなりました。
これらの課題にひとつひとつ丁寧に向き合い、楽しく食生活を改善したり、考えながら「自分のからだと仲良くなる」イベントを開催しました!

会場の様子 まるのうち保健室2014から見えた働き女子の「3大不足」

オープニングイベントでは、一般初公開として、昨年開催された「まるのうち保健室2014」の実態報告を、分析にあたった予防医療コンサルタント、ラブテリ東京&NYの細川モモ氏、聖路加メディローカス・酒見智子医師をゲストにお招きし、働き女子「3大不足」とよばれる「栄養」「運動」「睡眠」について考察をもとにトークセッションを開催。

その中でまるのうち保健室に参加した働き女子、約1000名の統計から、20〜30代の平均エネルギー摂取量が、おおよそ1500キロカロリー未満、そして、朝食を食べない比率が40%に迫る数値が発表されました。そのほか、残業時間の多さや通勤時間の長さからくる「睡眠不足」、また忙しさからプライベートの時間が失われ「運動不足」という事態も引き起こしている実態も明らかになりました。

会場の様子

細川さんは、「こうした食習慣データを踏まえて、食事に対する正確な知識と、食べ方を学ばなければならない」と話し、酒見先生からは、「やがて妊娠、出産を控える女性も多くいる中で、食べることを大切にすることは、自分と自分の未来を、友人、パートナー、家族皆と一緒に大切にすることにつながる」というアドバイスをいただきました。健やかで健康であることが美しさの第一歩ともいえるでしょう。

そうした状況下において、きちんと「自分のからだを知ること」で、どんな食生活を送るべきか、そして何を解決すべきかを自覚することが、まるのうち保健室の狙いでもあります。

例えば、サービスやお店のメニューに反映している、丸の内や大手町、有楽町エリアの飲食店や販売店が一目でわかる、「Eat Map」も、そうした試みを具現化した試みの一つです。

体験して学ぶ。身近なソリューションの数々!自分のからだと仲良くなろう!

今回のイベント会場では、働き女子のお悩み解決のため「自分のからだと仲良くなれる」コーナーやブースを設けました。
まるのうち保健室「働き女子1000名白書」の調査結果の展示をはじめ、実際にまるのうち保健室の測定を体験できるコーナーや、「3大不足」に関するソリューションとして、温活を旗印に「女性ホルモンとねむりを知るコーナー」や「チアシード」といったスーパーフードを活用した食品を新開発してお届けしたコーナーが軒を並べ、多くのお客様にお楽しみいただきました。
またパネル展示の他、ハンドマッサージ体験や、昆布やかつおぶしで採ったお出汁の試飲も行われ、働く女性が抱えるお悩みについて、ブースの担当者に聞き入る女性も多く見られました。

会場の様子 毎日の生活に活かせるヒントが満載!女性の悩みを解決するスペシャルトークが開催

また今回のイベントでは、オープニングイベントのほかに、働き女子が毎日健やかに働くために、スペシャルトーク&セミナーを開催。

会場の様子

食生活のヒントとして、「おだし」や「うまみ」を取り入れる生活を推奨するステージ「おだしでキレイ習慣〜オフィスでおだし〜」や「昆布レッスン」などを開催。特に和食の基本となる「お出汁」には、塩分を控える要素をもっていたり、グルタミン酸やアミノ酸が豊富ということもあるので、栄養不足の働き女子にはぴったりな食材であることは間違いありません。

会場の様子

また、美しい姿勢を手に入れるフィットネスクラブのレッスン、肩こりや冷え、むくみなどを漢方の視点で読み解く「カラダが喜ぶ薬食同源」のセミナーも開催。どうしてもオフィスでの姿勢は、いつも同じで、目や肩のコリが発生しやすくなります。その姿勢を、普段の生活のなかで、少しずつほぐし、体を綺麗な姿勢に保つことにより、美しさを保つきっかけを作ること。また、体調を崩したり、病気にならないための予防として、しっかりと自分の体にあった、食習慣や、栄養の取り方などを学ぶことによって、体の免疫力があがり、食べることで健康を保つきっかけを作ることになります。

こうして楽しみながら、自分の身体とじっくり話す機会を、得られたのではないでしょうか。

会場の様子

働く女性に、より充実した人生を送ってもらうことをサポートしていくためのプロジェクト、今年度もWill Conscious Marunouchi2015、スタートです。

文・写真・㈱OISEAU


Will Conscious Marunouchi

東京のまんなかから、未来の食育を考えます。採るべき食事を変えると、未来が変わる。食事を整えると、健康が変わる。自分のからだを知ることが未来への選択につながる。食育丸の内では、女性のこれからのライフプランの構築や、より充実した人生を送ってもらうことを「食」を通じてサポートしてまいります。丸の内という街を通じて、女性の未来と健康を考えるプロジェクト、Will Conscious Marunouchi。

詳しくはこちら

Archives

2017.03.30

<まるのうち保健室2016>実施報告会が開催されました!

去る3月9日に"2016年度のまるのうち保健室実施報告会"が行われました。どんな発見があったのでしょうか。その様子をお届け致します。

詳しくはこちら
2017.03.29

<まるのうち保健室2016>まるのうち保健室参加者限定、部活動と広く一般の方に向けたセミナーが開催されました!

心と身体の健康を考える頼もしいパートナーが集結。実践型の部活動や、理解と知識を深めるセミナー、様々な形で開催されました。

詳しくはこちら
2016.12.09

<まるのうち保健室2016>まるのうち保健室事後測定、まるのうち保健室カフェ ˜ check & eat ˜ が 開催されました!

「まるのうち保健室・事前測定」の1ヶ月後に開催された"事後測定"。毎朝頑張って朝食を食べた結果は?プチ運動を生活に取り入れた結果は?いかに!

詳しくはこちら
TOP