About

「食育丸の内」とは、三菱地所の「都市と食に関する問題」に取り組むプロジェクトの一環です。「食」に関する様々な活動を通じて、生産者、消費者、レストランが共に手を携え、人々が一層、心身共に健康になれる社会づくりを目指し活動していきます。

詳しくはこちら

Chef's Club

丸の内エリアを中心に活躍されている、日本を代表する和食・フレンチ、イタリアン、アジアン、4ジャンルのシェフ26名によって構成される「丸の内シェフズクラブ」。ただ、調理するではなく、食育を合言葉に、実際に生産地に足を運んだり、子どもたちへの食育授業など様々な提案、イベント発信などを行っています。

詳しくはこちら

Contents

マルシェに行こう
イートアカデミー
旬のシェフズランチ
子どもの食育ウェルカムキッズ
シェフの履歴書
服部幸應の食育のツボ
私を育てた『あの時、あの味』
元気になるニッポンの味めぐり
ラブテリ東京&NYヘルスリテラシー向上委員会
Will Conscious Marunouchi
<まるのうち保健室・第4回レポート>身体のバランスや骨密度を調べたあとは、ラブテリの食生活カウンセリング!
あなたが気をつけるべき食生活のポイントは何?今日からすぐに実践できる食のアドバイス。

「まるのうち保健室」で一通りの測定を終えると、最後に受けられるのが細川モモさん率いる「ラブテリ東京&NY」の管理栄養士の方によるカウンセリング。
 1人ずつ担当者がつき、測定の結果は、まるのうち保健室のために作られたラブテリ&東京NYのオリジナルメソッドによって、7つの体系に分類されます。ベストスコアを筆頭に、隠れ肥満型ふくよかタイプ、省エネ型ほっそりタイプ、寝たきり予備軍型スキニータイプなど・・・。BMIと体脂肪率によって自分の身体がどの状態にあるのか知ることができます。その結果を基に、フードカウンセリングが行われているのです。経験豊富な管理栄養士のみなさんは、自身で普段から健やかな食習慣を心がけていることが伝わってくる、はつらつとした笑顔で、一からわかりやすくアドバイスをしてくれるので初めての人でも安心。
 実際にカウンセリングをしてみると、自分では積極的にたんぱく質をとっているつもりでも、平均すると1日の摂取量が足りていなかったり、ヘルシー志向のつもりが野菜ばかりに偏った食生活になり、肉や魚といった身体を作る上で必要最低限の栄養素が欠如していることが多々ある事に気づきます。それらが「なぜ必要」で、「バランスよく摂るとどのように良い変化があるのか」お話を聞きます。

 その後は、実際の食生活の中で気をつけたい事のアドバイス。測定前に記入した食習慣の記録を見ながら、朝食/ランチ/夕食と普段の食事に+1品すると良い食材やメニューを提案してくれます。無理なく続けられるよう個人の生活スタイルに寄り添ったアドバイスをくれるのですっと理解でき、実践意欲も湧いてきますね。

カウンセリング風景 一人一人の質問にもできる限り答えてくれるから、ステップアップする楽しみが生まれる!

「ラブテリ東京&NY」の管理栄養士さんに「おめでとうございます。ベストスコアですね!」と言ってもらえると、とっても嬉しい気持ちになり、頑張る意欲が増えますね。
 ただ、一口で「ベストスコア」といっても、人によってはまだ年齢が若く、出産を本格的に検討するまでは「もう少し筋肉量を増やしてひきしまったボディを手に入れたい」と感じていたり、一方で出産を経験し、元々の身体バランスに戻したいと考えている方など、悩みは様々。「まるのうち保健室」のカウンセリングでは、そうした一人一人の声にもできるだけ答えられるよう、ベーシックなお話の後に、いくつかの質問をすることができます。
 限られた時間にはなりますが、例えば「営業職なのでどうしてもランチを食べるタイミングを逃しがちです」という悩みがあれば「無理しておにぎりだけの炭水化物のみの食事をとるくらいなら、せめてスープをつけてみましょう」「最近はコンビニでも、栄養バランスを意識した補食商品が出ています」などのアドバイスをもらうことができます。
 一般的な病院の診断では、どうしても機械的なアドバイスしかもらえない中で、一人一人の声に答える「まるのうち保健室」のカウンセリングには、うれしい感想がたくさん届いています。

「わたしでもできるかも」と思えるかわいいレシピカード。大切なのは「楽しく、おいしく食べる」こと!

 そして、食習慣の改善ポイントを話しながらカウンセリングで不足しているとアドバイスされた栄養素を中心にもらえるのが、「まるのうち保健室」参加者のためだけに作った「ラブテリ&東京NY」監修の何種類ものレシピカード。「たんぱく質」「ビタミン」など必須栄養素を気軽に摂取できるイラストつきのレシピカードには、「むくみ対策」や「入浴する際のポイント」など、トータルで考える健康習慣の様々なポイントも記載されています。A5サイズのポストカード型になっていて、キッチンに置いたり、持ち運んで使うなど、使い勝手の良い大きさです。
 レシピが溢れている料理本とにらめっこしたり、難しい栄養学の本を手に取るよりも、一番大切なポイントだけをまとめ、見るのも楽しくなるカードには、食事をする上で大切なことは、「楽しく、おいしく食べる」こと!というメッセージが伝わってきます。食べたいものだけ食べるのではなく、身体が必要としているものをバランスよく、かしこく取り入れるのは美人の必須条件。忙しくてなかなか始められない!と悩んでいる方でも、「まるのうち保健室」のレシピカードを一枚ずつ実践すれば、よいスタートを切る事ができそうです。

レシピカード

 今年度の「まるのうち保健室」の開催はあとわずか。まだ参加できていない!という方は、この機会にぜひ、ご参加くださいね。

⇒「まるのうち保健室」のご予約はこちら

文・写真・㈱OISEAU


Will Conscious Marunouchi

東京のまんなかから、未来の食育を考えます。採るべき食事を変えると、未来が変わる。食事を整えると、健康が変わる。自分のからだを知ることが未来への選択につながる。食育丸の内では、女性のこれからのライフプランの構築や、より充実した人生を送ってもらうことを「食」を通じてサポートしてまいります。丸の内という街を通じて、女性の未来と健康を考えるプロジェクト、Will Conscious Marunouchi。

詳しくはこちら

Archives

2017.03.30

<まるのうち保健室2016>実施報告会が開催されました!

去る3月9日に"2016年度のまるのうち保健室実施報告会"が行われました。どんな発見があったのでしょうか。その様子をお届け致します。

詳しくはこちら
2017.03.29

<まるのうち保健室2016>まるのうち保健室参加者限定、部活動と広く一般の方に向けたセミナーが開催されました!

心と身体の健康を考える頼もしいパートナーが集結。実践型の部活動や、理解と知識を深めるセミナー、様々な形で開催されました。

詳しくはこちら
2016.12.09

<まるのうち保健室2016>まるのうち保健室事後測定、まるのうち保健室カフェ ˜ check & eat ˜ が 開催されました!

「まるのうち保健室・事前測定」の1ヶ月後に開催された"事後測定"。毎朝頑張って朝食を食べた結果は?プチ運動を生活に取り入れた結果は?いかに!

詳しくはこちら
TOP