About

「食育丸の内」とは、三菱地所の「都市と食に関する問題」に取り組むプロジェクトの一環です。「食」に関する様々な活動を通じて、生産者、消費者、レストランが共に手を携え、人々が一層、心身共に健康になれる社会づくりを目指し活動していきます。

詳しくはこちら

Chef's Club

丸の内エリアを中心に活躍されている、日本を代表する和食・フレンチ、イタリアン、アジアン、4ジャンルのシェフ26名によって構成される「丸の内シェフズクラブ」。ただ、調理するではなく、食育を合言葉に、実際に生産地に足を運んだり、子どもたちへの食育授業など様々な提案、イベント発信などを行っています。

詳しくはこちら

Contents

マルシェに行こう
イートアカデミー
旬のシェフズランチ
子どもの食育ウェルカムキッズ
シェフの履歴書
服部幸應の食育のツボ
私を育てた『あの時、あの味』
元気になるニッポンの味めぐり
ラブテリ東京&NYヘルスリテラシー向上委員会
Will Conscious Marunouchi
目指せ!リトルシェフ 美味しいプリプリ肉ワンタン作り ワンタンも美味しく食べれるだけでなく、エコに貢献できるんです

 今回のイベントテーマは「エコ」。料理とは一見結びつかない言葉にも思えますが、「ワンタンには使うひき肉は、切れ端のお肉でも刻んで使えます。中に入れる野菜も、普段は捨ててしまうキャベツの芯をみじん切りにすれば、おいしい具になります。みんな苦手な食べものがあるかもしれないけれど、細かくなって入っていれば食べられちゃうよ」と四川豆花飯荘の遠藤シェフ。そう、「料理でごみを出さないこと」がエコにつながるのですね。

 早速和気あいあいと調理がスタート。ひき肉や塩、こしょう、卵、ねぎ、しょうがなど用意された材料を混ぜてタネを作っていきます。「だんだんタネが白っぽくなって、ボールの周りに脂がついてきたらOK」と遠藤シェフがわかりやすく指導します。

料理を通じて初めての挑戦をたくさんして欲しい。食で豊かになるのは思い出だけではありません。

 タネが白っぽくなってくると子ども達からはだんだんと「肩が痛い~」との声が!「疲れてきたでしょう。でも混ぜれば混ぜるほど、ぷりぷりでおいしくなるからね」「お母さん方は手伝っちゃだめですよ」と絶妙なタイミングでシェフから励ましが入ります。
 根気よくかきまぜ続け、合格が出てほっと一息。続いてタネを皮で包みます。じっくりをシェフのお手本を見るのも、自分の分を包むのも皆真剣な眼差しです。初めは苦戦していた子供たちもだんだんと手際がよくなり、シェフも驚く上達ぶり。スタンダードなもの以外も、色々な包み方を教わりました。

  出来上がったものはスタッフの方がゆでてくれます。さあ、待ちに待った試食タイムです!
一口食べて、子供たちはそのプリプリ食感に思わず笑顔。他にも春巻きやシュウマイ、肉団子、焼きそばといった豪華フルコースが並びます。茶芸師のスタッフの鋭い動きにもびっくり。中華料理の食文化も知る機会になったようです。

自分でつくる喜びを知ろう。苦労して作ることで何倍にも美味しくなる。

 試食の際、シェフは各テーブルを回って「ぜひおうちでも作ってみてね。お母さんのお手伝いもするんだよ」と、子供一人ひとりに声をかけていました。
 「自分で作るからおいしくなる」「苦労して作ればおいしいものができる、それが幸せにつながる」と話す遠藤シェフ。今回、子供たちは自分で料理することで、達成感や手間をかけることの価値を感じたはずです。

 シェフに、ひき肉料理のコツを教わりました。まずはやはりよくこねること。また、今回登場した肉団子はふわふわの食感です。その秘密はお豆腐が入っているから。よく水切りをしてから使うのがポイントです。これは家庭でも応用できそうです。

 子どもも大好きなワンタンは野菜嫌いな子どもたちが野菜を美味しく食べられるところが魅力です。ワンタンの皮の主原料は小麦。これでは栄養価があまりに心もとないので、たんぱく質を強化するための卵やひき肉は必須。遠藤シェフがふわふわの秘訣はお豆腐にありとアドバイスされていますが、お父さんのメタボが気になるよというご家庭はひき肉の半分をお豆腐(高野豆腐だとよりヘルシー)にしてみるとダイエットにも効果的です。よりヘルシーにしたい方は海老ワンタンにしてみるとよいでしょう。キャベツの芯を具に使うのはエコに繋がるだけでなく、ワンタンに不足しがちな食物繊維がチャージでき一石二鳥です!

文・細川モモ

写真・エコキッズ探検隊運営事務局

Contact

四川豆花飯荘

東京都千代田区丸の内1-5-1 新丸の内ビルディング6F

☎03-3211-4000


子どもの食育ウェルカムキッズ

毎日の食事の大切さを子どもたちに伝えたい。丸の内シェフズクラブのシェフたちが子どもたちに送る特別イベント。休日には、シェフといっしょに親子で生産者のもとを訪問したり、大人と同じセッティングでテーブルマナーを学んだりします。ここでは、子どもたちも立派なお客様です。丸の内は大人の街でもありながら、次世代の子どもたちを育む街でもありたいと思っています。

詳しくはこちら

Archives

2015.09.01

親子で一緒に! 一流シェフによる料理教室

こども達が夏休みにイキイキと遊びながらエコについて学び、さまざまな体験ができるエコキッズ探検隊と丸の内シェフズクラブがコラボした親子で参加で出来る料理教室が開催されました。

詳しくはこちら
2015.08.23

エコキッズ探検隊2015×丸の内シェフズクラブ Welcome kids menu!(告知)

2015年8月11日(火)-15日(土)・23日(日)・他 @丸ビル、新丸ビル、東京ビルTOKIA

詳しくはこちら
2015.08.13

親子で一緒に! 一流シェフによる料理教室(告知)

・2015年7月28日(火)・8月11日(火) @四川豆花飯荘(新丸ビル6F) ・2015年8月3日(水)・8月13日(木) @サンス・エ・サヴール(丸ビル35F) ・2015年8月12日(水)@マンゴツリー東京(丸ビル35F)

詳しくはこちら
TOP