About

「食育丸の内」とは、三菱地所の「都市と食に関する問題」に取り組むプロジェクトの一環です。「食」に関する様々な活動を通じて、生産者、消費者、レストランが共に手を携え、人々が一層、心身共に健康になれる社会づくりを目指し活動していきます。

詳しくはこちら

Chef's Club

丸の内エリアを中心に活躍されている、日本を代表する和食・フレンチ、イタリアン、アジアン、4ジャンルのシェフ26名によって構成される「丸の内シェフズクラブ」。ただ、調理するではなく、食育を合言葉に、実際に生産地に足を運んだり、子どもたちへの食育授業など様々な提案、イベント発信などを行っています。

詳しくはこちら

Contents

マルシェに行こう
イートアカデミー
旬のシェフズランチ
子どもの食育ウェルカムキッズ
シェフの履歴書
服部幸應の食育のツボ
私を育てた『あの時、あの味』
元気になるニッポンの味めぐり
ラブテリ東京&NYヘルスリテラシー向上委員会
Will Conscious Marunouchi
石垣島のお魚で作る美味しい焼売作り

 「この魚本当に食べられるの?どんな味がするのかなー」赤、青、黄...。沖縄県石垣島から直送された色とりどりの熱帯の魚を前に集まった20人の子どもたちは興味津々。四川豆花飯荘の遠藤浄シェフが教えてくれたのは「石垣島の魚を使ったシュウマイ」。普段はあまり家庭では登場しないシュウマイ。豚肉を使うのが一般的だが、温かい海にすむ脂の乗った魚を具として使うことで、コクがありながら、ヘルシーで体にもいいシュウマイを作ることができるという。

 「粗くみじん切りにした白身魚に塩、酒、しょうゆ、片栗粉を入れて、粘りが出るまでかきまぜましょう。粘りが出てきたら少し時間をおいてなじませた後、シューマイの皮で包みますよ」。遠藤シェフの見事な包み技を横目に見ながら真似する子どもたち。しかし、意外とこの包む工程が難しい。苦戦している子どもたちに、遠藤シェフが魔法のようなテクニックを教えてくれました。「親指と人差し指で輪を作って、その上に皮を置いてください。ヘラを使って丁寧にお魚をその指の輪の中に乗せていきましょう」。
 最初は皮が破れたり、具が皮から飛び出したり失敗も多かったけど、10分もすれば子どもたちはシェフ顔負けの立派なシュウマイを作れるようになりました。これには遠藤シェフも、「子どもは素直だからすぐに上達する。お店の大人のスタッフより覚えが早い」と感心しきりでした。

 調理が終わった後は早速、試食タイム。子どもたちが大好きな酢豚や卵スープと共に、自分で作った白身魚のシューマイが運ばれてきました。口に入れるとアツアツ、ホワホワ。魚の旨味が口の中に広がります。中にはひとりで10個以上たべた女の子もいました。
 千葉県から参加した9歳の男の子は、「最初はバラバラだったお魚が、手でかき混ぜるうちに固まってきた。お魚でシューマイを作れるなんて思わなかったし、お肉よりもおいしかった」と、感想を語ってくれました。

文・編集部
写真・エコキッズ探検隊運営事務局

Contact

四川豆花飯荘

東京都千代田区丸の内1-5-1 新丸の内ビルディング6F

☎03-3211-4000


子どもの食育ウェルカムキッズ

毎日の食事の大切さを子どもたちに伝えたい。丸の内シェフズクラブのシェフたちが子どもたちに送る特別イベント。休日には、シェフといっしょに親子で生産者のもとを訪問したり、大人と同じセッティングでテーブルマナーを学んだりします。ここでは、子どもたちも立派なお客様です。丸の内は大人の街でもありながら、次世代の子どもたちを育む街でもありたいと思っています。

詳しくはこちら

Archives

2015.09.01

親子で一緒に! 一流シェフによる料理教室

こども達が夏休みにイキイキと遊びながらエコについて学び、さまざまな体験ができるエコキッズ探検隊と丸の内シェフズクラブがコラボした親子で参加で出来る料理教室が開催されました。

詳しくはこちら
2015.08.23

エコキッズ探検隊2015×丸の内シェフズクラブ Welcome kids menu!(告知)

2015年8月11日(火)-15日(土)・23日(日)・他 @丸ビル、新丸ビル、東京ビルTOKIA

詳しくはこちら
2015.08.13

親子で一緒に! 一流シェフによる料理教室(告知)

・2015年7月28日(火)・8月11日(火) @四川豆花飯荘(新丸ビル6F) ・2015年8月3日(水)・8月13日(木) @サンス・エ・サヴール(丸ビル35F) ・2015年8月12日(水)@マンゴツリー東京(丸ビル35F)

詳しくはこちら
TOP