焼鶏 親子どんぶり

香ばしく皮を焼いた東京しゃもはジューシーでワイルドな味わい。黄身の迫力満点のさくら卵、しゃきっとした歯ごたえがおいしい東京野菜がどんぶりの中でひとつとなりました。さらに温泉卵がのったトリプル親子丼!充実の味わいです。三つ葉の香りがアクセント。

POINT!

玉子はシンプルながら、常温に戻して調理することが大切です。

●用意する食材(1人前分)

  1. 材料A: 鶏もも肉…90~100g、椎茸…10g、人参…10g、玉子3個(溶き卵用2個、温泉玉子用1個)、玉葱…40g、ささがき牛蒡…20g、ごはん…200g、三つ葉…適量、味醂…30cc、醤油…20cc
  2. 材料B(出汁): 出汁(水1L に鰹節40gと真昆布10g で10分煮て濾した二番出汁)…50cc


●調理方法

  1. 鶏もも肉はフライパンで皮目だけをキツネ色に焼く。
  2. (1)の皮目を下にしてバットに並べ半冷凍し賽の目に切る。
  3. 材料B の合わせ出汁、味醂、醤油にスライス玉葱(繊維に沿って薄く切る)、ささがき牛蒡(頭の方に向かってささがく)椎茸( 千切り)、人参(千切り)を入れ(2)を入れて煮る。
  4. (3)に火が通ったら卵を溶き入れる。具と混ぜ煮上げる。
  5. ごはんの上に(4)と真ん中に温泉玉子をのせて三つ葉を散らす。

COPYRIGHT © MITSUBISHI ESTATE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED.