About

「食育丸の内」とは、三菱地所の「都市と食に関する問題」に取り組むプロジェクトの一環です。「食」に関する様々な活動を通じて、生産者、消費者、レストランが共に手を携え、人々が一層、心身共に健康になれる社会づくりを目指し活動していきます。

詳しくはこちら

Chef's Club

丸の内エリアを中心に活躍されている、日本を代表する和食・フレンチ、イタリアン、アジアン、4ジャンルのシェフ26名によって構成される「丸の内シェフズクラブ」。ただ、調理するではなく、食育を合言葉に、実際に生産地に足を運んだり、子どもたちへの食育授業など様々な提案、イベント発信などを行っています。

詳しくはこちら

Contents

マルシェに行こう
イートアカデミー
旬のシェフズランチ
子どもの食育ウェルカムキッズ
シェフの履歴書
服部幸應の食育のツボ
私を育てた『あの時、あの味』
元気になるニッポンの味めぐり
ラブテリ東京&NYヘルスリテラシー向上委員会
Will Conscious Marunouchi
青空市場 × 丸の内マルシェ 3月に開催して大好評だった「青空市場×丸の内マルシェ」の第二弾。今回は、なんとキッチンカーを出動して、旬のおいしいメニューも提供しました。前回よりもさらにパワーアップした今回のマルシェ。その様子をちょっとのぞいてみましょう。
おいしいだけじゃない、個性あふれる生産者の皆さん

 AWキッチンさん、tsunagaru-tsunagaruさん以外に、今回も多くの生産者の方々が集まってくださいました。ここで今回出店されたお店をご紹介します。


有機栽培野菜のにいずさん

にいずの方々

 有機栽培野菜のにいずさん。にんにくなど有機であまり出回っていない野菜がたくさん出ていました。農薬を使っていないので安心、と小さなお子さんがいるご家庭に好評でした。


有機栽培野菜のジャガイモとにんにく

〒790-0841 愛媛県松山市道後多幸町1番-28号
☎089-921-8888
http://www.niizu212.com/top.html


石垣島から参加の平田観光農園さん

平田観光農園の方々

 石垣島から参加の平田観光農園さん。ゴーヤー、島バナナ、青パパイヤと地元食材はどれも人気。中でも目をひいたのがボゴールパイン。手で豪快にむしって食べるのです!その食べ方にお客様も興味津々でした。


青パパイヤ(右)、ボゴールパイン(左)

〒907-0002 石垣市真栄里シイ原1053-2
☎09808-2-6711


ファインドニューズさん

ファインドニューズさん

 オーガニックハーブの専門店。ハーブウォーターやジンジャーエキス、ハーブを使ったソースなど、どれも体が喜びそうなものばかり。中でもジンジャーシロップはクセになるおいしさ。


たくさんのハーブ

872-0511 大分県宇佐市安心院町上市305-1
☎0978-44-2382
http://findnews.jp/


ドライトマトの岡福さん

岡福さんのブースの様子

 ドライトマトの岡福さん。ドライトマトは完全に乾燥させるのではなく半乾燥状態。半乾燥だから、とってもジューシーで、びっくりするぐらい甘いのが特徴だそうです。乾燥する前のトマトも販売していて、両方買うお客様もいました。


ドライトマト

〒376-0023 群馬県桐生市錦町2丁目9番13
☎0277-44-5551


阿波の食財会さん

阿波の食財会の方々

 前回に引き続きさくらんぼいちごのジャムが大好評の阿波の食財会さん。今回は名産の鳴門わかめも出してくれました。

〒770-0939 徳島市かちどき橋1丁目41番地(徳島県林業センター内)
☎088-621-3054


蔵王ウッディファームさん

ウッディファームさんのブースの様子

 みずみずしいフルーツがたくさん出していた蔵王ウッディファームさん。柑橘類の他にも果汁100%のジュースがおいしいと、とても大好評でした。

〒999-3212 山形県上山市原口829
☎023-674-2343
http://www.woodyfarm.com/


匠 groupさん

匠 groupの方々

 オススメのアスパラガスは生でも食べられて、まるでフルーツみたいな味。産地直送で新鮮だからできるのだそう。

〒323-0103 栃木県下野市上川島47
☎0285-48-5601


マルハチ金龍丸水産さん

マルハチ金龍丸水産の方々

 新しい食べ方を提案してくれたマルハチ金龍丸水産さん。「干物はフライにしてもおいしいよ」とアドバイス。

〒410-0106 静岡県沼津市志下785
☎055-932-24871
http://www.kinryumaru.jp/


遠忠食品さん

遠忠食品

 小さな瓶の佃煮がたくさんあった遠忠食品さん。中でも柚子コショウのパンチのきいた辛みはクセになりそうな味でした。

〒343-0846 埼玉県越谷市登戸町41-23
☎048-988-3710


小柳商店さん

小柳商店さんのキノコ

 前回同様、たくさんのきのこをだしてくれた小柳商店さん。生でもたべられるキノコがあると聞いてビックリ。キノコって奥深いのですね。

〒143-0022 東京都大田区東馬込1-22-9
☎03-3776-2702


青空市場さん

青空市場さん

 ひときわ威勢のよかった青空市場さん。旬のアスパラガスを使った麺やケーキは珍しいと大好評でした。

青空市場の顔といえば永島敏行さん。「生産者も役者も一緒で評価されることによって、成長します。だから、消費者と触れあえるマルシェって大事なんです」と熱く語ってくれました。永島さんご自身も畑で得た経験は俳優活動にも活かされているとか。奥深いですね。


青空市場さん

☎03-5755-0480
http://aozora-ichiba.co.jp/


青空市場 × 丸の内マルシェ 会場 丸の内ビルディング 1F マルキューブ 実施日 2010年06月25日(金)~26日(土) 主催 有限会社青空市場、三菱地所株式会社 後援 FOOD ACTION NIPPON推進本部、農林水産省 協賛:株式会社寺岡精工、株式会社竹尾、王子アドバ株式会社
← 前のページへ

マルシェに行こう

マルシェとはフランス語で市場という意味。オフィス街に現れた「マルシェ」に多く人が足を止め、産地からやってきた生産者たちと語り合いながら食べ方や生産方法などを教わります。

買い物客は丸の内の人々だけではありません。休憩時間を利用して、食を追及し続ける丸の内界隈のシェフたちも訪れます。生産者にとってマルシェはプロのシェフと意見交換ができる貴重な時間になっています。丸の内は食の出会いの交差点なのです。

詳しくはこちら

Archives

2017.03.30

「Gramme Marché(グラムマルシェ)」(告知)

2017年3月28日(火)~ 30日(木) 11:00~19:00@丸ビル1F マルキューブ

詳しくはこちら
2016.04.16

「gramme Marché (グラムマルシェ)」(告知)

2016年4月14日(木)~16日(土) 11:00~19:00 @丸ビル1F マルキューブ

詳しくはこちら
2016.03.01

マル・デ・ミヤギ(告知)

2016年3月3日(木)~3月4日(金) 11:00~19:00 @丸ビル1F マルキューブ

詳しくはこちら
TOP