About

「食育丸の内」とは、三菱地所の「都市と食に関する問題」に取り組むプロジェクトの一環です。「食」に関する様々な活動を通じて、生産者、消費者、レストランが共に手を携え、人々が一層、心身共に健康になれる社会づくりを目指し活動していきます。

詳しくはこちら

Chef's Club

丸の内エリアを中心に活躍されている、日本を代表する和食・フレンチ、イタリアン、アジアン、4ジャンルのシェフ26名によって構成される「丸の内シェフズクラブ」。ただ、調理するではなく、食育を合言葉に、実際に生産地に足を運んだり、子どもたちへの食育授業など様々な提案、イベント発信などを行っています。

詳しくはこちら

Contents

マルシェに行こう
イートアカデミー
旬のシェフズランチ
子どもの食育ウェルカムキッズ
シェフの履歴書
服部幸應の食育のツボ
私を育てた『あの時、あの味』
元気になるニッポンの味めぐり
ラブテリ東京&NYヘルスリテラシー向上委員会
Will Conscious Marunouchi
青空市場 × 丸の内マルシェ 日本の元気な食卓を目指し、全国の生産者を応援するために開催されている「青空市場×丸の内マルシェ」。一般のお客さんはもちろん、多くのシェフも来場しみんなで楽しみながら安心・安全な食材の有り難みを実感する。そんな丸の内ならではのマルシェです。
蔵王ウッディファーム、鈴木秀峰園、飯島農園 人気があるにはワケがある

蔵王ウッディファーム、鈴木秀峰園、飯島農園の様子

 味や鮮度はまったく問題ないのに「形」や「傷」といった見栄えだけで正規品にならない、いわゆる"訳ありフルーツ"を販売。とにかく安い!
蔵王ウッディファーム 〒999-3212 山形県上山市原口829
☎023-674-2343
http://www.woodyfarm.com/

鈴木秀峰園 〒999-3155 山形県上山市鶴脛町2-6-27
☎023-672-5008
http://www17.plala.or.jp/shuhouen/


イチオシの一品「デコポン」
デコポン

デコポン(品種名:不知火)は一見、外の皮が硬そうに見えますが、みかんのように簡単にむくことができ、中の房もそのまま食べられます。



小柳商店 キノコ!木の子!きのこ!

小柳商店の方

 マッシュルームにマイタケ、シイタケ、生食のこはく茸など、さまざまなきのこを販売。お客さんとのトークも冴え渡ってました。
〒143-0022 東京都大田区東馬込1-22-9
☎03-3776-2702


イチオシの一品「マッシュルーム」
マッシュルーム

産地直送のホワイトマッシュルームは歯ごたえよろしく、とても濃厚な味わい。ブラウンマッシュルームもオススメです。



大茶園の小さな農家 人柄もお茶もあったかーい

大茶園の小さな農家の方々

 静岡県でお茶を作る戸塚さん一家。「普段お茶ばかり相手にしてるもので...」と少し控えめな優しい笑顔と試飲のお茶に心あたたまりました。
〒421-0502 静岡県牧之原市白井1717
☎0548-54-0068

http://homepage3.nifty.com/kaneto/

イチオシの一品「きわみ」 「大茶園の小さな農園」最高級のお茶
お茶

一番茶の中でもミル芽(若くて柔らかな新芽)を摘採し、丹誠込めて製造。ホッと一息つきたいときに、また贈答用にも最適です。



阿波の食材会

阿波の食材会の方

 ユズみそやそうめんをはじめとした徳島の"旨いもん"が集結。おいしい食べ方も親切にアドバイスしてくれました。
〒770-0939 徳島市かちどき橋1丁目41番地(徳島県林業センター内)
☎088-621-3054
http://www.kinryumaru.jp/


イチオシの一品「さくらんぼ&イチゴジャム」
さくらんぼ&イチゴジャム

鮮やかな赤色をしたさくらんぼいちご(品種名:アスカルビー)を使用。ジャムはパンや紅茶のひとときに、ソースはデザートにかけるとおいしさアップ。



築地直産ファーム

築地直産ファームの方々

 『イグレック丸の内』の山口浩シェフおすすめの築地産直ファームは、この日のために看板まで製作するという気合いの入れよう。個性的な野菜の数々にお客さんも興味津々でした。
〒891-3604 鹿児島県熊毛郡中種子町野間 5105-6
☎0997-27-0691


イチオシの一品「パースニップ&パープルオレンジ」
パースニップ&パープルオレンジ

パースニップは、人参に似た根菜で香りが強くしっかりとした味。パープルオレンジは外側が紫色、中心部はオレンジ色の変わった人参です。



匠 group

匠 groupの方々

 『恵比寿 笹岡』の笹岡隆次シェフの推薦で出店。「日本の農業を変える」という志のもと栃木県の南部に住む7名でスタートした生産者組織です。
〒323-0103 栃木県下野市上川島47
☎0285-48-5601


イチオシの一品「アスパラ」
アスパラ

とにかく太い!その立派な出で立ちにお客さん誰しもが驚いてました。「この太さなのに香りが繊細で、皮もやさしい」と笹岡シェフ 。


その他お問い合わせ:
青空市場
☎03-5755-0480



市川健二シェフ

『イグレック丸の内』の市川健二シェフもご登場。食材にふれ生産者と話をすることで「料理のイメージがまたふくらんじゃいました(笑)」と。


市川健二シェフ

忙しい中、仕事の合間を縫って駆けつけてくださった笹岡隆次シェフ。生産者の方々と穏やかな笑顔でお話をされる姿が印象的でした。

 笹岡シェフの食材を見る目は真剣そのもの。気になった食材は試食し、「火を入れても色はこのまんま?」などと質問していました。


青空市場 × 丸の内マルシェ 会場:丸の内ビルディング 1F マルキューブ実施日:2010年3月25日(木)~26日(金)主催:有限会社青空市場、三菱地所株式会社 後援:FOOD ACTION NIPPON推進本部、農林水産省
← 前のページへ
→ 次のページへ

マルシェに行こう

マルシェとはフランス語で市場という意味。オフィス街に現れた「マルシェ」に多く人が足を止め、産地からやってきた生産者たちと語り合いながら食べ方や生産方法などを教わります。

買い物客は丸の内の人々だけではありません。休憩時間を利用して、食を追及し続ける丸の内界隈のシェフたちも訪れます。生産者にとってマルシェはプロのシェフと意見交換ができる貴重な時間になっています。丸の内は食の出会いの交差点なのです。

詳しくはこちら

Archives

2017.03.30

「Gramme Marché(グラムマルシェ)」(告知)

2017年3月28日(火)~ 30日(木) 11:00~19:00@丸ビル1F マルキューブ

詳しくはこちら
2016.04.16

「gramme Marché (グラムマルシェ)」(告知)

2016年4月14日(木)~16日(土) 11:00~19:00 @丸ビル1F マルキューブ

詳しくはこちら
2016.03.01

マル・デ・ミヤギ(告知)

2016年3月3日(木)~3月4日(金) 11:00~19:00 @丸ビル1F マルキューブ

詳しくはこちら
TOP