About

「食育丸の内」とは、三菱地所の「都市と食に関する問題」に取り組むプロジェクトの一環です。「食」に関する様々な活動を通じて、生産者、消費者、レストランが共に手を携え、人々が一層、心身共に健康になれる社会づくりを目指し活動していきます。

詳しくはこちら

Chef's Club

丸の内エリアを中心に活躍されている、日本を代表する和食・フレンチ、イタリアン、アジアン、4ジャンルのシェフ26名によって構成される「丸の内シェフズクラブ」。ただ、調理するではなく、食育を合言葉に、実際に生産地に足を運んだり、子どもたちへの食育授業など様々な提案、イベント発信などを行っています。

詳しくはこちら

Contents

マルシェに行こう
イートアカデミー
旬のシェフズランチ
子どもの食育ウェルカムキッズ
シェフの履歴書
服部幸應の食育のツボ
私を育てた『あの時、あの味』
元気になるニッポンの味めぐり
ラブテリ東京&NYヘルスリテラシー向上委員会
Will Conscious Marunouchi
腰痛ケア

 日本人のお悩み第一位は腰痛!(※)

 腰痛の原因はさまざまですが、肩こり同様ポイントは「血行」にあります。さて、皆さんは肩こりや腰痛に悩まされたらどのような対処法をセレクトしますか? マッサージ?ストレッチ?薬?手段は色々とありますが、腰痛予防のポイントを今回はお伝えいたします。

肩こり•腰痛•眼精疲労に定番のビタミン

 ドラックストアで肩こりや腰痛に効果がある薬のパッケージをみてみましょう。ビタミンB1,B6,B12,C,葉酸に、ミネラルのマグネシウムが含まれていませんか?眼球疲労を回復する目薬にもこれらのビタミンは多く含まれています。ちなみに目薬も眼科で直接もらう目薬やドラックストアでも高価なものだと赤い色がついていることがありますが、あれは「赤いビタミン」と呼ばれるビタミンB12(コバラミン)の色です。このような姿勢のゆがみや日常の生活習慣から腰痛はおこります。
 CMで有名なナポ○ンの主成分も活性型ビタミンB12です。つまり、医薬品をみるとよくわかりますが「筋肉疲労の回復にはビタミンB群」なかでもビタミンB12が大切であるということがよくわかります。

ビタミンB12を知って末梢神経のダメージを回復させよう

 ビタミンB12とはどのようなビタミンかを理解しておくことは「疲れないカラダづくり」にとって必要な知識といえるでしょう。ビタミンB12は主に動物性たんぱく質に含まれています。傷ついた末梢神経の回復に効果があることで知られていますが、実は必要量を満たすためには食事だけでは不十分です。「健康な胃」がビタミンB12の吸収に欠かせない条件となります。
 なぜならビタミンB12を動物性たんぱく質から分離するには「胃酸」が必要だからです。胃酸の分泌量はストレスによって大きく変化するもの。胃炎になってしまうとビタミンB12の吸収率は大幅に低下します(グラフは過去記事を酸行為)。ストレスを抱える=胃の働きが悪くなる(同時に血流も悪くなる)=ビタミンB12が不足しやすい=末梢神経のダメージが回復できない=慢性化という負のスパイラルに入らないよう食生活からも腰痛ケアを行いましょう。ビタミンB12をとくに豊富に含む食材は貝類、レバー、海苔です。

ビタミンB12含有量リスト ビタミンB12だけじゃない知っておいたい血流促進のビタミン

 ビタミンB群と同じように疲労回復•血行促進に有名なビタミンといえばビタミンEです。アンチエイジングのビタミンとしても有名ですが、ビタミンEには血行促進効果•ダメージの修復効果があり、ヘアトリートメントやリップクリームでも定番のビタミンです。  ビタミンEはトコフェノールと呼ばれていますが「トコ」はギリシャ語で「子宝を産む」、フェノールは「力を与える」という意味です。実は、ビタミンEは不妊症のラットの妊娠から発見された「子宝のビタミン」としても有名なビタミンです。肩こりや腰痛に悩まされている女性で、これから妊娠を考えている女性には是非覚えておいて欲しいビタミンです。ビタミンEを豊富に含む食材は以下の通りです

ビタミンEリスト 入浴の疲労回復には科学的効果あり。疲れたときはやっぱりお風呂。

 とくに肩こりや腰痛がひどいと感じる日には「しじみ汁と焼き海苔でいただく納豆ご飯」はいかがでしょう。ビタミンB12がたっぷり摂れます。おやつにはビタミンEを含むアーモンドを。こうした食生活に加え、疲れが気になるときにはやはり入浴が効果的です。全身の血流促進効果はもちろん、入浴をすると細胞が受けたダメージを修復するヒートショックプロテインが作られ、その効果は2日間持続します。
 肩こりや腰痛がひどくて眠れないという人は市販の「にがり」を入浴剤にしてみましょう。筋肉を弛緩させる働きのあるマグネシウムを経皮吸収することで温泉に入ったかのように筋肉がほぐれ、ぐっすり眠れるかもしれません。前号にもあった通り、肩こり•腰痛•偏頭痛の解消にマグネシウムはお食事からの摂取も大切なミネラルです。

おすすめレシピ

三重・伊賀米のバレンシア風ライス(魚介と鶏肉の具だくさんパエリア)
 肩こりや頭痛の解消にはぜひ、魚介類を。なかでもビタミンB12を含む貝類のレシピはお疲れ気味な肝臓のケアにもなり、付き合いの多いビジネスパーソンには一押しです。

文・細川モモ


  • 前の記事へ(腰痛チェックと改善方法)
  • 次の記事へ(大人のアルコールたしなみ術)
データ出典
・(※)厚生労働省:『平成22年 国民生活基礎調査』
・文部科学省:『五訂日本食品標準成分表』 - 国立印刷局(2008年)

ラブテリ東京&NYヘルスリテラシー向上委員会

東京とNY在住の医療•食•健康のスペシャリストによる予防医療プロジェクトチーム「Luvtelli(ラブテリ) 東京&NY」が “世界一の美女“ を目指す女性たちのサポートと同時に日本経済を支える丸の内のビジネスパーソンの身体作りを強力にバックアップします。

詳しくはこちら

Archives

2014.12.11

女性の生涯の骨の変化と食事

女性のライフステージに添って変化をするものといえば「骨」です。成長期、妊娠期、出産後、授乳中、更年期、老後と、骨はその時その時大きな影響を受け、驚くほど変化をしています。とくに老後寝たきりになりやすい女性にとって若いときから骨への意識をもつことは重要なことです。

詳しくはこちら
2014.06.26

便秘と食事

今や日本人の成人の約半数の悩みの原因となっているのが「便秘」です。学術誌などによると、便秘とは「3日間以上排便がない状態、または毎日排便があっても、残便感がある状態」と定義されています。

詳しくはこちら
2014.03.27

質の良い睡眠の作り方〜食事編〜

今回は、睡眠と関連する食事および栄養面について一緒に見ていきましょう。

詳しくはこちら
TOP