About

「食育丸の内」とは、三菱地所の「都市と食に関する問題」に取り組むプロジェクトの一環です。「食」に関する様々な活動を通じて、生産者、消費者、レストランが共に手を携え、人々が一層、心身共に健康になれる社会づくりを目指し活動していきます。

詳しくはこちら

Chef's Club

丸の内エリアを中心に活躍されている、日本を代表する和食・フレンチ、イタリアン、アジアン、4ジャンルのシェフ26名によって構成される「丸の内シェフズクラブ」。ただ、調理するではなく、食育を合言葉に、実際に生産地に足を運んだり、子どもたちへの食育授業など様々な提案、イベント発信などを行っています。

詳しくはこちら

Contents

マルシェに行こう
イートアカデミー
旬のシェフズランチ
子どもの食育ウェルカムキッズ
シェフの履歴書
服部幸應の食育のツボ
私を育てた『あの時、あの味』
元気になるニッポンの味めぐり
ラブテリ東京&NYヘルスリテラシー向上委員会
Will Conscious Marunouchi
肩こりは本当に治らない?」

 肩こりの原因を分析し、マッサージなどの対処療法、ストレッチなどを実施しても根本的な生活習慣を改善しないと、再発の恐れがあります。そこで、今回は「肩こりを解消するための食生活」の提案をさせていただきたいと思います。

 私たちの肩には、まず物理的に4-5kgの頭と、8-10kgの腕が負担としてのしかかっています。肩こり解消のポイントは「支える筋肉•筋肉に栄養や酸素を十分に届けるための血流と血液の状態を良くすること」。そこで、咀嚼という3回の食事時のエクササイズも上手に活用してみてはいかがでしょうか。日々の食生活から脱「肩こり体質」を目指しましょう。

胃バテを解消して脱「疲れやすい」体質!!

 日々のお食事は十分にとれていますか? 「活動に必要なエネルギーが充足されていないと筋肉が分解され、エネルギーに回されてしまうことをご存知ですか?エネルギーを十分にとる事とたんぱく質をしっかりとる事。その2つがそろって初めて筋肉を落とさない「疲れにくい身体」ができます。少食の方の多くは胃が弱い方が多いのですが、胃の組織は4〜5日で入れ替わります。そこでも必要になるのが胃壁や胃液の材料となるたんぱく質です。材料であるたんぱく質を消化するためには十分な胃酸が必要ですが、困ったことにストレスの被害を受けやすいのも胃です。

 ストレスがかかると胃酸の分泌も不十分になり、消化が十分にできません(「すぐできる胃のケア」に関してはこちらをご覧下さい)。精神的なストレスで肩こりが悪化している人は、合併して胃の調子も悪いことがあります。胃の不調や不快感が続くと、正面を向く自然な姿勢がゆがみやすくなり、姿勢の悪さからさらに血流が悪化することもあります。

筋肉の収縮に欠かせないカルシウムとマグネシウムはベストバランスで

 カルシウムは有名でも、マグネシウムはまだまだ日本人には重要性が知られていないミネラルです。ところが、この2つは「兄弟ミネラル」と呼ばれて、理想摂取比率が存在しています。カルシウムとマグネシウムは私たちの筋肉、血圧、神経の興奮などを調整する働きがあります。腸の蠕動運動や、心臓や子宮の収縮にも関与しています(そのため、酸化マグネシウムは便秘薬や制酸剤、子宮収縮抑制剤などに含まれています)。

 頭痛薬にも含まれている成分ですので、肩こりからくる頭痛にお悩みの方にも必須のミネラルでありながら日本人の摂取状況を国民健康栄養調査で確認するとカルシウムとともに大幅に不足している状況です。

マグネシウムの摂取状況グラフ

 腸のコンディションによって「食べている=取れているではない」というわけではないのがミネラルの難しいところ。精白や加工により80%から99%が損失されてしまう上、吸収率が50%未満と低いこと、添加物として使用されているリンや、カフェイン、白砂糖、ストレス、アルコールなどでも体外に排出されてしまうことを考慮すると、意識して摂取する必要がありますね。

肩こりに悩まされているときこそ海藻や大豆の力を借りましょう

 また、カルシウムとマグネシウムは兄弟ミネラル。カルシウムは筋肉を収縮する働きが、マグネシウムは筋肉を弛緩させる働きがあります。マグネシウムと、カルシウムのベストバランスは1:2。

 オススメの食品は、大豆製品と海藻です。乳製品にはカルシウムは含まれていますが、マグネシウムが少ないことと、高脂肪食品ではカルシウムをかえって消耗してしまうので、牛乳よりも豆乳がオススメです。小腹が減ったオヤツタイムに豆乳や、海藻(寒天ゼリー、ところてん、板ワカメ)を取り入れてみては?

その辛い肩こりの原因に...噛み合わせ大丈夫?

 忙しい方は、食事もサンドイッチや、麺類など噛みごたえの無い食事を選びがちです。前歯で噛むのと、奥歯を使ってしっかり噛むのとでは、使う筋肉も当然異なります。咀嚼で使う咀嚼筋群は、首、肩の筋肉と繋がっているため、毎回のお食事でしっかり噛む事が、肩の血流を良くすることにも繋がるのです。特に奥歯を使って噛むこと、左右偏り無く噛むことが重要。噛み癖はなかなか自分では分からないので、舌を使ってチェックしてみましょう。

1)上の歯の表面を舌で左から右、右から左になぞり動かします。
2)上の歯の裏面を舌で左から右、右から左になぞり動かします。
3)下の歯の表面を舌で左から右、右から左になぞり動かします。
4)下の歯の裏面を舌で左から右、右から左になぞり動かします。

 この時、左右に差がなければ特に問題ありませんが、動かしにくい箇所があれば、普段のお食事の際に使っていない箇所になります。両方の奥歯を使ってしっかり噛むように、また噛みごたえのある食材を選ぶように心がけましょう。

 おつまみなどでもナッツ等を選ぶようにすると、噛みごたえもあり、マグネシウムも豊富で一石二鳥です。ストレスの多い方、自律神経が乱れている方は、リズム運動がオススメです。リズム運動の最も手軽なものが咀嚼。キシリトール入りのガムを噛む(両方の側で噛む事をお忘れなく)のも一つの方法です。

 毎日の食生活を見直し、肩こり知らずのカラダを手に入れましょう!

SO TIRED
「カシューナッツと古白鶏の炒め」
 胃の材料となる良質なたんぱく質(鶏肉)と、筋肉を弛緩させる働きをもつマグネシウムを豊富に含むカシューナッツ。どちらも噛みごたえのある食材で「食べる肩こりケア」にはおススメです。

文・鎌田薫


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ
データ出典
・厚生労働省:『平成22年 国民健康・栄養調査結果の概要』
・特定非営利活動法人 HAB研究機:『マグネシウムは欠かせない!』

 鎌田 薫
 看護師の母、糖尿病の祖父の影響から食事の重要性を痛感、予防医療への貢献を信じ、管理栄養士を志す。女子栄養大学卒業後、病院、高齢者施設での経験をもとに、疾病予防、アンチエイジング、ビューティー等なりたい自分になるための栄養指導に従事。現在、聖マリアンナ医科大学東横病院でのプリンセスプランにて栄養カウンセリングを担当。


ラブテリ東京&NYヘルスリテラシー向上委員会

東京とNY在住の医療•食•健康のスペシャリストによる予防医療プロジェクトチーム「Luvtelli(ラブテリ) 東京&NY」が “世界一の美女“ を目指す女性たちのサポートと同時に日本経済を支える丸の内のビジネスパーソンの身体作りを強力にバックアップします。

詳しくはこちら

Archives

2014.12.11

女性の生涯の骨の変化と食事

女性のライフステージに添って変化をするものといえば「骨」です。成長期、妊娠期、出産後、授乳中、更年期、老後と、骨はその時その時大きな影響を受け、驚くほど変化をしています。とくに老後寝たきりになりやすい女性にとって若いときから骨への意識をもつことは重要なことです。

詳しくはこちら
2014.06.26

便秘と食事

今や日本人の成人の約半数の悩みの原因となっているのが「便秘」です。学術誌などによると、便秘とは「3日間以上排便がない状態、または毎日排便があっても、残便感がある状態」と定義されています。

詳しくはこちら
2014.03.27

質の良い睡眠の作り方〜食事編〜

今回は、睡眠と関連する食事および栄養面について一緒に見ていきましょう。

詳しくはこちら
TOP