About

「食育丸の内」とは、三菱地所の「都市と食に関する問題」に取り組むプロジェクトの一環です。「食」に関する様々な活動を通じて、生産者、消費者、レストランが共に手を携え、人々が一層、心身共に健康になれる社会づくりを目指し活動していきます。

詳しくはこちら

Chef's Club

丸の内エリアを中心に活躍されている、日本を代表する和食・フレンチ、イタリアン、アジアン、4ジャンルのシェフ26名によって構成される「丸の内シェフズクラブ」。ただ、調理するではなく、食育を合言葉に、実際に生産地に足を運んだり、子どもたちへの食育授業など様々な提案、イベント発信などを行っています。

詳しくはこちら

Contents

マルシェに行こう
イートアカデミー
旬のシェフズランチ
子どもの食育ウェルカムキッズ
シェフの履歴書
服部幸應の食育のツボ
私を育てた『あの時、あの味』
元気になるニッポンの味めぐり
ラブテリ東京&NYヘルスリテラシー向上委員会
Will Conscious Marunouchi
この秋、太陽の力で風邪を予防しよう!

 猛暑が過ぎ去り、秋の訪れを感じるとともに気になるのが感染症の流行です。多くのビジネスパーソンは年末に向けて忙しさは加速するばかりですから、風邪を引いてなどいられないという人も少なくないでしょう。インフルエンザはワクチン接種という手もありますが、感染症はそれだけではありません。是非、この秋は感染症に対する抵抗力を強化し、ウイルスに負けない身体をつくりましょう。

今、注目のインフルエンザと闘うビタミン

 グローバル化している国際社会の脅威のひとつに「パンデミック(世界流行)」があります。香港のSARSや新型インフルエンザもそのひとつです。多くの国がパンデミックを警戒レベルのトップクラスに置いていますが、グローバル都市である丸の内のビジネスパーソンにとっても対岸の火事ではありません。実は簡単なことで自分自身の免疫力を高め、感染予防ができるビタミンがあります。別名を「太陽のビタミン(Sun Shine Vitamin)」と呼ばれている「ビタミンD」です。ビタミンDは全米のサプリメント売上げでも上位を独走中の世界で最も注目されているビタミンです。

【イラスト】「太陽のビタミン(Sun Shine Vitamin)」 太陽のビタミンが感染症を予防する?

 感染症の予防や、ウイルスの消失にビタミンDが有効であることが様々な研究から示唆されています。なかでもビタミンDがインフルエンザに対する予防効果があることを、東京慈恵医大医科大学准教授•分子疫学研究室室長の浦島充佳氏の研究が立証しました。ビタミンDのサプリメントを4ヶ月内服した小中学生たちはそうでない小中学生に比べてインフルエンザの発症率が、半分程度まで抑えられるという驚くべき研究結果は大きな注目を集め、その後ビタミンDは抗ウイルス作用を持つインターフェロンの分泌を促進しウイルス消失率を高めること、抗菌ペプチドであるカセリシジンやディフェンシンの分泌を促進し、結核の排菌期間を短縮したことなどが発表されています。

 他にもアトピー性皮膚炎(肌の修復)の改善やガン•糖尿病の予防など、多岐に渡るビタミンDの働きに今世界中が注目し、研究が進んでいます。

行き過ぎたUVケアが感染症リスクを高める?

 実は、ビタミンDというのはその他の食事から摂取できるビタミンとは異なる特殊なビタミンであって、紫外線の一部であるUVB(紫外線B波)によって皮膚で作られるビタミンです。体内で作られる量は〈肌の色〉〈肌の露出の面積〉〈UVケアの有無〉〈住んでいる場所(緯度)〉〈勤務形態(夜勤など)〉〈季節(夏期冬季)〉によって個人差が生じます。
血液中の※ビタミンD濃度の季節変動は以下の通りです。

【イラスト】「太陽のビタミン(Sun Shine Vitamin)」

 ビタミンDは体内に溜めることができるビタミンですが、日照時間の長い夏は血中濃度が高まり、短くなる冬は低下します。現在、日本女性の3人に1人はビタミンD不足、4人に1人は欠乏状態にあると考えられています。紫外線防止フィルムが家にも車にも貼られ、UVケアに勤しむ女性たちの努力が健康上の思わぬ弊害を招いているのかもしれません。

通勤時間は「寒くなるほど地上を歩く」のができるビジネスパーソンの自己管理術!

 冬に向けて寒さが増すと衣服の面積は必然的に大きくなっていきます。特に11月以降はビタミンDが劇的に減ってくる要注意の季節です。また、丸の内のように地下が発達している都市だと通勤時間に地下を利用する人が冬に向けて増えてくるでしょう。ですが、ヘルスリテラシーが高い丸の内のビジネスパーソンには是非あえて地上を歩いていただきたいと思います。ビタミンDは個人の肌の色にもよりますが、1日15分〜30分で必要量を合成することができます。とくにメラニン色素が少ない手のひらは効果的ですから、歩く際は手袋は外していただいて、秋冬の穏やかな日光を感じてください。

マルノウチエリアのお店をご紹介

 紅葉が美しく街を彩る季節。テラス席で食事を楽しみつつ、ビタミンDをチャージしてみましょう。東京駅が見渡せる新丸ビル7Fの「丸の内ハウス」のテラスは秋を迎える時期のおススメスポットです。
 丸の内ハウスのテラスでは「丸の内ハウス」全店の大人気なテイクアウトメニューが楽しめます。

文・目澤秀俊


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ
データ出典
・大腸がん患者の血中ビタミンD(25HD濃度)季節変動グラフ 東京慈恵医大医科大学•分子疫学研究室調べ

目澤秀俊 (小児科医 医学博士)
平成19年東京慈恵会医科大学卒、平成21年東京慈恵会医科大学小児科学講座入局。大学院にてビタミンDと大腸がんの発生、妊婦のビタミンD分布、喘息に対するビタミンD効果の研究に従事する。

執筆者ポートレイト

ラブテリ東京&NYヘルスリテラシー向上委員会

東京とNY在住の医療•食•健康のスペシャリストによる予防医療プロジェクトチーム「Luvtelli(ラブテリ) 東京&NY」が “世界一の美女“ を目指す女性たちのサポートと同時に日本経済を支える丸の内のビジネスパーソンの身体作りを強力にバックアップします。

詳しくはこちら

Archives

2014.12.11

女性の生涯の骨の変化と食事

女性のライフステージに添って変化をするものといえば「骨」です。成長期、妊娠期、出産後、授乳中、更年期、老後と、骨はその時その時大きな影響を受け、驚くほど変化をしています。とくに老後寝たきりになりやすい女性にとって若いときから骨への意識をもつことは重要なことです。

詳しくはこちら
2014.06.26

便秘と食事

今や日本人の成人の約半数の悩みの原因となっているのが「便秘」です。学術誌などによると、便秘とは「3日間以上排便がない状態、または毎日排便があっても、残便感がある状態」と定義されています。

詳しくはこちら
2014.03.27

質の良い睡眠の作り方〜食事編〜

今回は、睡眠と関連する食事および栄養面について一緒に見ていきましょう。

詳しくはこちら
TOP