About

「食育丸の内」とは、三菱地所の「都市と食に関する問題」に取り組むプロジェクトの一環です。「食」に関する様々な活動を通じて、生産者、消費者、レストランが共に手を携え、人々が一層、心身共に健康になれる社会づくりを目指し活動していきます。

詳しくはこちら

Chef's Club

丸の内エリアを中心に活躍されている、日本を代表する和食・フレンチ、イタリアン、アジアン、4ジャンルのシェフ26名によって構成される「丸の内シェフズクラブ」。ただ、調理するではなく、食育を合言葉に、実際に生産地に足を運んだり、子どもたちへの食育授業など様々な提案、イベント発信などを行っています。

詳しくはこちら

Contents

マルシェに行こう
イートアカデミー
旬のシェフズランチ
子どもの食育ウェルカムキッズ
シェフの履歴書
服部幸應の食育のツボ
私を育てた『あの時、あの味』
元気になるニッポンの味めぐり
ラブテリ東京&NYヘルスリテラシー向上委員会
Will Conscious Marunouchi
三國シェフと行く江戸東京・伝統野菜
「江戸東京・伝統野菜」の生産者

宮寺農園(江戸東京野菜)宮寺光政さん キャベツ(左)、宮寺光政さん(右)

 伝統野菜は、産地の人と風土で食文化を育ててきた。季節限定、旬が感じられる野菜で、今の野菜には少なくなった香りや、苦み、えぐ味、甘みなど多様な味が備わり、独特な繊細な味覚を育ててきた。宮寺さんは西武新宿線が見える小平市の畑で一人黙々と江戸東京・伝統野菜や多種のトマト、またキャベツなどの野菜を作り続ける。伝統野菜ばかりではなくキャベツやハーブ類などを『ミクニマルノウチ』に毎朝、届けている。


〒187-0032 東京都小平市小川町1-235

【江戸東京野菜情報 フードボイス】 http://fv1.jp/ootake/index.html

ファーム渡戸(江戸東京野菜)渡戸秀行さん

大根(左)、渡戸秀行さん(右)

 収穫時期の短い江戸東京・伝統野菜の亀戸大根は先がクサビ状で、茎は白く、葉は柔らかで食べやすい。ビタミンCも普通の大根より豊富。この他品川大長カブ、小松菜などの伝統野菜を宅地化が進む練馬で頑固に作り続けている。伝統野菜は野菜の揃いが悪く手間がかかるという理由から生産が減少したが、渡戸さんは地産地消が叫ばれる今だからこそ、練馬から伝統野菜を都民の食卓に普及させることに取り組んでいる。


〒179-0083 東京都練馬区平和台4-3-3

【江戸東京野菜情報 フードボイス】 http://fv1.jp/ootake/index.html

氷川漁業協同組合(奥多摩やまめ養殖)川久保典彦さん、荒井健二さん

やまめ(左)、川久保典彦さん、荒井健二さん(右)

 やまめは釣り人にとっては憧れの川魚。「渓流の女王」とも呼ばれている。奥多摩でそのやまめの養殖に成功したのは1997年のこと。氷川漁協が自然の湧き水で育て、今や地元ばかりではなく全国の食卓にも届く。おおよそ40~50cmで新鮮なものは刺身でもOK。桜鱒にも劣らないその味は年々人気が高まっている。『ミクニマルノウチ』でもこの魚に注目しカルパッチョなどがメニューに。白ワインによく合う。


〒198-0212 東京都西多摩郡奥多摩町氷川1793

氷川漁業協同組合事務所

☎0428-83-8588

千島わさび園(江戸東京野菜)千島国光さん

わさび(左)、千島国光さん(右)

 奥多摩で渓流を利用してワサビが作られたのは江戸時代からといわれ、神田青物市場に出荷していた。その後「奥多摩1号」をはじめ多くの優良品種を生み出している。千島さんは親の代から今も山奥のわさび田でモノレール1100メートルを使用しこだわりのワサビを出産している。また、奥様のちよこさんが販売所とそば屋を担当し、そば屋にはハヤトウリやずいきなど地野菜が売られ、料理法などを親切丁寧に教えてくれた。


〒198-0014 東京都西多摩郡奥多摩町丹三郎8-2

☎03-5362-3733

伝統野菜は地域で伝統の食文化を育んできた

 1997年にJA東京グループが記念事業の一環として、かつての野菜産地五十カ所に「江戸東京の農業」の説明板を設置したことから、地域レベルで多くの住民が「江戸東京野菜」の存在を知ることとなった。また、江戸東京野菜は地場産野菜の象徴でもあり、フードマイレージも小さく今後の期待も大きい。三國さんは、江戸東京・伝統野菜研究会の大竹道茂さんと協力し合い、多くの人に江戸東京・伝統野菜の本当の美味しさを知ってほしいと考えている。


江戸東京・伝統野菜研究会の大竹道茂さんと

江戸東京・伝統野菜研究会の大竹道茂さんと

取材協力

大竹道茂さん(食育アドバイザー)

城 智聡(奥多摩さかなセンター)

宮寺さんに教わった「大根の葉と油揚げとジャコの炒め」料理

大根の葉と油揚げとジャコの炒め

【材料】

大根の葉(みじん切り)

油揚げ(食べやすいサイズにカット)

ちりめんジャコ(シラスでも可)

醤油、味酢(適量)、砂糖、塩、ごま油(少々)、サラダオイル(適量)


1.フライパンにサラダオイルを敷いて大根の葉と油揚げを炒める。

2.味つけに、醤油、味酢を適量入れ、味の好みによっては砂糖、塩を少々加え、そしてジャコを入れる。

3.仕上げにごま油を少々。ご飯のおかずにもお酒のあてにもなる。(宮寺さんは畑で間引きした大根の葉を利用する。新鮮な大根の葉は生でも美味しく、刻んで納豆にいれてもいい)

ミクニマルノウチはいつも旬な江戸野菜・伝統野菜を使っています

世田谷の大蔵大根と根室・天然帆立貝のコンポート

江戸東野菜・世田谷の大蔵大根と根室・天然帆立貝のコンポート

秋に旬を迎える大蔵大根は東京・世田谷の地場野菜。肉付きがよく、青首と比べ、水分が少なく煮崩れしにくいので、僕はこの材料で「江戸東京野菜・世田谷の大蔵大根と根室・天然帆立貝のコンポート」を作ってみました。ミクニマルノウチでぜひお召し上がりくださいませ。

ミクニマルノウチ

江戸東京・伝統野菜研究会の大竹道茂さんと

〒100-6901 東京都千代田区丸の内2-6-1 丸の内ブリックスクエア 2F

☎03-5220-3921

fax 03-5220-3939

http://www.mikuni-marunouchi.jp/

← 前のページへ

元気になるニッポンの味めぐり

元気になるニッポンの味めぐり

日本には世界に胸を張る食材があります。
日本には一口食べたら体も心も元気になる食材があります。
生産者の日々の努力と、かけがえのない日本の風土が生み出す食材たち。
おいしいに人生を捧げた人たちの哲学に触れることで、まだ見ぬニッポンの食の奥深さを再発見しましょう。
私たちを元気にしてくれる、日本全国の生産者に出会う旅がスタートしました。

詳しくはこちら

Archives

2013.12.02

元気になるニッポンの味めぐり8 美しくも厳しい自然とともに生きる、福井県で出会った生産者さん

日本海と越前の山々を愉しめる自然豊かな福井県。恵まれた自然の恩恵を受けた海の幸も山の幸も堪能できる場所。そんな福井県、実は「食育」発祥の地としての顔を持つ。「食育」という言葉を最初に唱えた石塚左玄(1851-1909)は、「その土地の季節のものを食べる事が、最も健康的で栄養が豊富であり、それが自然であり、そこに住んでいる人に一番優しい食になる」と説いた。福井県の食べ物の美味しさに魅了されたからこそ生まれた言葉なのかもしれない。

詳しくはこちら
2013.10.01

元気になるニッポンの味めぐり7 知床・羅臼の「旨み」に出会う旅

北海道・羅臼町。世界自然遺産、知床半島の南東部に位置する町である。この名前を聞けば、誰もが頭に思い浮かべるのは「昆布」ではないだろうか。

詳しくはこちら
2013.01.16

元気になるニッポンの味めぐり6 長野県飯綱町「ワイナリー・サンクゼールでぶどうの収穫体験」

その地域でワインを造りながら生活する人々に出会った。こんな小さな田舎町でも、世界的なワインやシードルを造ることができる。何より、村の人々が自分たちの製品に心から誇りをもっているということに深い感銘を受けた。

詳しくはこちら
TOP