About

「食育丸の内」とは、三菱地所の「都市と食に関する問題」に取り組むプロジェクトの一環です。「食」に関する様々な活動を通じて、生産者、消費者、レストランが共に手を携え、人々が一層、心身共に健康になれる社会づくりを目指し活動していきます。

詳しくはこちら

Chef's Club

丸の内エリアを中心に活躍されている、日本を代表する和食・フレンチ、イタリアン、アジアン、4ジャンルのシェフ26名によって構成される「丸の内シェフズクラブ」。ただ、調理するではなく、食育を合言葉に、実際に生産地に足を運んだり、子どもたちへの食育授業など様々な提案、イベント発信などを行っています。

詳しくはこちら

Contents

マルシェに行こう
イートアカデミー
旬のシェフズランチ
子どもの食育ウェルカムキッズ
シェフの履歴書
服部幸應の食育のツボ
私を育てた『あの時、あの味』
元気になるニッポンの味めぐり
ラブテリ東京&NYヘルスリテラシー向上委員会
Will Conscious Marunouchi
野菜でキレイプロジェクト 第3弾 とうもろこしの黄色い力 毎回大盛況のAWキッチン渡邉明シェフと野菜ソムリエの西村有加さんのコラボイベント。第3弾を迎える今回は夏野菜の代表格の「とうもろこし」がテーマです。アイディア満載のとうもろこしのフルコースに会場は感動の嵐でした。
初体験!生搾りとうもろこしジュースで感動の幕開け

AWキッチン渡邉明シェフと野菜ソムリエの西村有加さん

 今や食イベントのプラチナチケットとも言われるようになったAWキッチン主催の「野菜でキレイプロジェクト」。にんじん、トマトと続いて、今回は「とうもろこし」です。

 大人気のAWキッチンの特別イベントとあって、開演前から会場のボルテージは最高潮! その期待感の渦の中に出されたのが「生搾りとうもろこしジュース」です。


生搾りとうもろこしジュースで乾杯!会場が一気に華やぎます

生搾りとうもろこしジュースで乾杯!会場が一気に華やぎます


 シャンパングラスにそそがれた金色に輝く液体。一口飲めばその甘さに感嘆の声が上がります。渡邉シェフ曰く、これがフレッシュな生のとうもろこしだから成せる味だとか。熱も砂糖も水も一切加えておらず、とうもろこしだけで、こんなに甘い味が出せるだなんて! これから展開されるコース料理に期待が一層ふくらみます。


生産者の多湖さんと西村さん(左)、フレッシュなとうもろこしなので、こんな小さなお子さんでも安心して飲めます(右)

生産者の多湖さんと西村さん(左)、フレッシュなとうもろこしなので、こんな小さなお子さんでも安心して飲めます(右)


 この「とうもろこしジュース」に使われているコーンは、ゴールドラッシュという品種。このおいしいとうもろこしの生産者 多湖さんも会場にお越しになっていました。

 「とうもろこしってこんなに甘いのですね」「おいしいからもっとたくさん飲みたいです」という会場のお客様の反響に、多湖さんもとてもうれしそう。生産者の方のお人柄が見えると、なお一層おいしく感じます。

6種のとうもろこしを食べ比べ 個性あふれる味にまた感動

6種のとうもろこしを食べ比べ

 感動冷めやらぬ会場に、追い打ちをかけるように出されたのがこの6種のとうもろこし。しかも全て生です。


6種のとうもろこしを食べ比べ

 「これから"利きとうもろこし"をやりましょう」と西村さん。甘い、以外の表現でとうもろこしの味を表現していくのです。メロンのような、ミルクのような、さっぱり、すっきり...みんなソムリエになった気分で、思い思いの感想を書き留めていきます。


一粒一粒かみしめるように。みなさんとても真剣です

一粒一粒かみしめるように。みなさんとても真剣です


 先ほどの生搾りジュースもしかり、野菜なのにどうしてこんなに甘いのでしょう。

 「今回ご用意したとうもろこしで一番甘いのはゴールドラッシュで、糖度が20度ぐらいあるんですよ」と西村さん。甘みの強い果物の代表メロンが大体16度ぐらいなので、果物以上の甘さ!この驚きの事実に、会場はさらに盛り上がります。

とうもろこしの「ひげ」って、実は食べられるのです!

とうもろこしの「ひげ」

 次のお料理は「多湖さんのヤングコーンのひげ付ソテー」。なんとこのお料理はとうもろこしの"ひげ"も食材として提供されているのです!


初めて食べるとうもろこしの「ひげ」その味はいかに!?

初めて食べるとうもろこしの"ひげ"その味はいかに。


 ここで西村さんが、とうもろこしについてお話します。今回は夏休みということで、会場に来ているお子さん達に実際にとうもろこしの皮むきを体験してもらう、というサプライズイベントもご用意していただきました。

 はじめてとうもろこしの皮をむく子ども達。渡邉シェフも手伝ってみんなで一所懸命に皮をむきます。「粒のまわりを覆っている細い糸みたいなものが "ひげ" ですよ」と西村さん。初めて見る "ひげ" に子ども達も興味津々です。


とうもろこしの幹を持って説明する西村さん(左)、はじめてとうもろこしの皮をむく子ども達(右)

 皆さんは、とうもろこしの"ひげ"は、粒と同じ数だけあるってご存じでした?実はこの"ひげ"、とうもろこしの雄しべなのです。「食べてると、とうもろこしの味がします。ぜひ召し上がってみてください」と西村さん。ガレットのようにソテーされた"ひげ"を食べてみると、確かにとうもろこしの味がします。ほんのりと甘く、あとからじんわりとにじみ出る苦味は、くせになりそうです。

 「とうもろこしの"ひげ"は利尿作用があり、女性を悩ますむくみにききますし、血圧を下げる作用もあるんですよ」とうれしい効果も。


上手にむけて、喜ぶ子ども達

上手にむけて、喜ぶ子ども達


 また、「とうもろこしは皮をつけたまま蒸すと、甘みが一層増しておいしくなります。ぜひ皮付きで買ってくださいね」と、家庭でもおいしく食べるアドバイスもいただきました。とうもろこしって、本当に無駄のない野菜なんですね。


全てが新たな感動との出会い 想像を超えたおいしさを体感

黄色いガスパチョ。お皿の周りにはさいの目の野菜やとうもろこしが。混ぜながらいただきます

黄色いガスパチョ。お皿の周りにはさいの目の野菜やとうもろこしが。混ぜながらいただきます


 その後、お料理はスープ、パスタ、メインディッシュへと続きます。ガスパチョ、ボロネーゼ、パンケーキ、どれも馴染みのあるお料理だけど、初めて出会うものばかり。お料理が運ばれるたびに、テーブルに笑顔の花が咲きます。

 見て楽しい、味わっても楽しい。一皿一皿がまるで万華鏡のようにキラキラと輝く様はまるでアートのよう。畑の伝道師 渡邉シェフのパッションを感じます。


ホワイトボロネーゼに添えているとうもろこしの皮をしゃぶってみるとほんのりとうもろこしの味が

ホワイトボロネーゼに添えているとうもろこしの皮をしゃぶってみるとほんのりとうもろこしの味が。


本日のメインディッシュ。パンケーキとサーモンソテーを覆う白いチーズガレットにもとうもろこしの「ひげ」が入っています

本日のメインディッシュ。パンケーキとサーモンソテーを覆う白いチーズガレットにもとうもろこしの「ひげ」が入っています。


デザートにも、とうもろこし!? パティシエ渾身の一皿で至福の頂点へ

デザートは、お客様の目の前で最後の仕上げをパティシエ自らお客様にサービスします。チョコレートかかかる瞬間、会場からは歓声が上がりました

デザートは、お客様の目の前で最後の仕上げをパティシエ自らお客様にサービスします。チョコレートかかかる瞬間、会場からは歓声が上がりました


 最後はお楽しみのデザート。ここにも、とうもろこしが活躍します。なんと、アイスクリームにとうもろこしが使われているのです。

 これはメインパティシエのアイディア。キャラメル味のソース&アイスとのコラボも秀逸ですが、食べる直前にかけるアツアツのチョコレートソースとの相性がバツグンにいいのです。


 会場では、チョコレートソースをかけるパフォーマンスに沸き立つお客様たち。目にも楽しいパフォーマンスは最後を締めくくるのに相応しいおいしさを提供してくれました。

野菜でキレイプロジェクト コース料理のご案内

生搾りもろこしジュース(左)、とうもろこしの食べ比べ(右)

【驚きの甘さ!生搾りもろこしジュース】

使用コーン:ゴールドラッシュ

とうもろこしのフレッシュジュース。さらっとした喉ごしで、えぐみが全くなくメロンのような甘みが口いっぱいに広がります。


【とうもろこしの食べ比べ】

使用コーン:味来、ピクニックコーン、めぐみ、ピュアホワイト、バイカラー、ゴールドラッシュ

個性あふれる6種類のとうもろこしをご用意。懐かしい甘さ、はちみつのような甘さ、バラエティに富んだ味が楽しめます。


多胡さんのヤングコーンのひげ付ソテー(左)、爽快!イエローガスパチョ(右)

【使用コーン:ゴールドラッシュ】

使用コーン:ゴールドラッシュ

茶色いガレットのようなものが"ひげ"。とうもろこしの味と甘みがする驚きの味。ヤングコーンのほんのりとした苦みとの相性も抜群。


【使用コーン:バイカラー】

使用コーン:味来、ピクニックコーン、めぐみ、ピュアホワイト、バイカラー、ゴールドラッシュ

お皿の周囲にちりばめられたバイカラーを混ぜながらいただくと、とうもろこしの甘みが広がります。ズワイガニの蟹肉と好相性。


野辺地の夏カブと軍鶏のピュアホワイトボロネーゼ(左)、味来コーンと信州サーモンのしっとりパンケーキ(右)

【野辺地の夏カブと軍鶏のピュアホワイトボロネーゼ】

使用コーン:ピュアホワイト

ソースと焼き目をつけた香ばしさとピュアホワイトの2つの食感を楽しめる一品。軍鶏のジューシーさの後に広がるとうもろこしの甘みは秀逸。


【味来コーンと信州サーモンのしっとりパンケーキ】

使用コーン:味来

しっとりとしたとうもろこしのパンケーキと半生のスモークサーモンとの相性は抜群。フロマージュブランソースにはらっきょうを入れ、味と食感にアクセントを。


スイートキッスのプロフィットロール(左)、香ばしコーン茶(右)

【スイートキッスのプロフィットロール】

使用コーン:スイートキッス、ゴールドラッシュ

とうもろこしのアイスとキャラメル味のカスタードを入れたシューをランダムに組み立てた贅沢なスイーツ。粒コーンが食感にアクセントを加えます。


【香ばしコーン茶】

使用コーン:味来、ピクニックコーン、めぐみ、ピュアホワイト、バイカラー、ゴールドラッシュ

焙煎したとうもろこしの"ひげ"をお茶に。焼いた粒コーンで香ばしさをプラスし、あっさりとしたのどごしでお料理を締めくくります。


スペシャル対談 全てのアイディアは畑から、ジャンルは違えど、野菜を愛する心は一緒です。

 イベントを終えた渡邉シェフと西村さんにいろいろとお話しをうかがいました。

AWキッチン渡邉明シェフと野菜ソムリエの西村有加さん

―― お疲れ様でございました。今回、「とうもろこし」を選んだのはどういった想いからでしょうか?


西村: 今回のテーマは「食育」もあり、小さなお子さんもいらしゃるというこで、お子さんにも好まれている野菜で、しかも夏バテ防止というのも考慮してとうもろこしにしました。


―― 今日のコースは、どのお皿もとうもろこしを余すことなく使っているのがとても印象的でした。メニューのアイディアは主にどちらが、とか決まっているのですか?


渡邉:生搾り野菜ジュースはAWキッチンの「元気の出るジュース」として、夏はとうもろこし、冬はにんじんを提供している定番メニューなんです。ヤングコーンに添えた"ひげ"ソテーのアイディアは、多胡さんの畑を訪れたときに「こんな新鮮なものなら、"ひげ"もおいしいかも」と二人とも思ったんです。


西村: そうそう、何も打ち合わせていないのに。おのずと。


渡邉: 二人で畑に行ったからこそ出たアイディアですね。畑から学ぶことって本当に多いんです。


西村有加さん

―― では、イベントを企画するにあたって、これだけは守ろう、といったルールみたいなものはありますか?


西村:ルールとかは特別になく、自然に出てくる感じですね。


二人とも野菜に対して動するポイントが一緒なんです。野菜を通して訴えたいことが、言わなくても判るんですよね。今日の多胡さんの野菜も食べてみて、「ここは絶対に伝えたいよね」とか、暗黙の了解でわかるのです。だから、しっかり打ち合わせとかはやっていないんですよ。


渡邉:お互い野菜は好きだけど、彼女はシニアソムリエで僕はシェフだから着眼点が違うのです。でも、それがお互いの良さを補っていいコラボになるんです。


渡邉明シェフ

―― 渡邉シェフは畑の伝道師と言われていますが、畑に興味を持つきっかけは?


渡邉: 農家さんと知り合って、いろいろとお話してみると、個性的で面白いな、と思うことが多くて。いろんな人と出会って、いろんな想いを知るうちにどんどん畑にも向かうようになったんです。


笹島:そうそう、シェフの評判がまた他の生産者さんを紹介したり。つながっているんですよね。
おもしろいエピソードがあって、シェフは直売所で食べた野菜に惚れて追っかけをしたんですよね。何もつてがないのに、野菜だけを頼りに生産者さんを見つけて「なんでこんなにおいしいのですか?ぜひ、使わせてください」って。これこそ、野菜への愛ですよね。


渡邉:農家さんの同級生を紹介してもらったりすることが多いんですよ。


笹島:それが、農家さんだけに留まらず、その農家さんが感動した卵を紹介してもらったり、いろんなネットワークが広がるんです。情熱のある方は、なにかいい引力で引き寄せられるんでしょうね。


西村有加さん

―― 最後に、食育丸の内は大人の食育をテーマにしていますが、大人に向けて、メッセージをお願いします。


西村: そうですね、偏った考えを持たないでほしいですね。生産者さんが何かしらアクションを起こすのには、必ず理由があるんです。だから、野菜が高いからといって、野菜に手を出さない、とか。自分が農業についてちゃんと勉強していれば、流されないと思うんです。
私たちみんなが、ちょっとずつ農業について勉強すれば、食料自給率も必ずあがりますし、日本の未来はきっと変わると思います。


渡邉明シェフ

渡邉: 僕は、食べ物で体は本当に変わる、ということを伝えたいですね。いろんなものをバランスよく食べて、元気な野菜を食べて元気になって欲しい。食べ物で体を調整すれば、本当に変わるので実践して欲しいです。
特に男性はなかなか野菜が摂れないので、ちょっとした工夫で野菜でビールが飲みたくなようなメニューとか提供していきたいですね。


西村: 私たちが畑で食べて、感動したことを皆さんにお伝えしたい想いでいっぱいなんです。今日参加してくれた方が、今日新たに気づいたことを日常で実践してくれたり、ちょっとでも考えを変えてくれればそれ自体が食育だと思うのです。ちょっとしたことの積み重ねだと思いますよ。



イートアカデミー

イートアカデミーは、レストランを学びの場とするイベントです。食べることを楽しみながら、正しい食のあり方を考えるきっかけ作りをしたい。レストランで提供される料理の「背景」を知ることで、料理への理解、産地や生産者への想いはさらに深くなるでしょう。時には皿の上には盛られることのない、皿の向こう側にある物語に思いを馳せてみませんか?毎日の食卓の風景がこれまでとは違ったものになること間違いありません。

詳しくはこちら

Archives

2015.11.23

旬の里、福井より多彩な伝統食材で織りなす秋の夕べ(告知)

2015年11月23日(月・祝)18:00 受付 18:30 開宴 @サンス・エ・サヴール(丸の内ビルディング35F)

詳しくはこちら
2015.11.08

ジャパン・ハーベスト2015(告知)

2015年11月7日(土)・8日(日)11:00~16:00 @丸の内仲通り、行幸通り

詳しくはこちら
2014.03.19

おいしい教室~お弁当のじかん~「第7回 わたしを喰らえ」

丸の内にておいしい教室~お弁当のじかん~「第7回"わたしを食らえ"」が開催されました。映画作りのお話と、食について、興味深いお話を伺いました。

詳しくはこちら
TOP