About

「食育丸の内」とは、三菱地所の「都市と食に関する問題」に取り組むプロジェクトの一環です。「食」に関する様々な活動を通じて、生産者、消費者、レストランが共に手を携え、人々が一層、心身共に健康になれる社会づくりを目指し活動していきます。

詳しくはこちら

Chef's Club

丸の内エリアを中心に活躍されている、日本を代表する和食・フレンチ、イタリアン、アジアン、4ジャンルのシェフ26名によって構成される「丸の内シェフズクラブ」。ただ、調理するではなく、食育を合言葉に、実際に生産地に足を運んだり、子どもたちへの食育授業など様々な提案、イベント発信などを行っています。

詳しくはこちら

Contents

マルシェに行こう
イートアカデミー
旬のシェフズランチ
子どもの食育ウェルカムキッズ
シェフの履歴書
服部幸應の食育のツボ
私を育てた『あの時、あの味』
元気になるニッポンの味めぐり
ラブテリ東京&NYヘルスリテラシー向上委員会
Will Conscious Marunouchi
糖質offグルメフェア開催!ロカボ食ってなにが良いの?(2)

今回この糖質オフキッチンシリーズを使用したメニューのレシピ開発に立ち上がったのが、「丸の内シェフズクラブ」のこの4名のシェフたち。アンティカ・オステリア・デル・ポンテのステファノ ダル モーロ氏は「豚肉の自家製サルシッチャと舞茸のラグー」(左上)。恵比寿 笹岡の笹岡隆次氏は「かつおだしのきいた炒め麺」(右上)。イル・ギオットーネの笹島保弘氏は「きつねナーラ!」(左下)。Wakiya一笑美茶樓の脇屋友詞氏は「野菜とあさりのちゃんぽん風煮込み麺」(右下)を考案してくださいました。

測定の様子5

会場では、ステファノ ダル モーロ氏による「豚肉の自家製サルシッチャと舞茸のラグー」の試食が配布され、糖質オフ麺のもっちりとした食感と、十分な食べごたえに感嘆の声が上がっていました。

測定の様子6

会場では、ステファノ ダル モーロ氏による「豚肉の自家製サルシッチャと舞茸のラグー」の試食が配布され、糖質オフ麺のもっちりとした食感と、十分な食べごたえに感嘆の声が上がっていました。。

測定の様子7

糖測定を行いました。そもそもどんな検査なのか、その全容はまだまだポピュラーではありませんが、やり方は至って簡単。指にチクッと針を刺し、出てきた少量の血液を特定の機械の先につけるだけで、すぐに血糖値が表示されます。意外と知られていませんが、自分で測定できるキット(血糖自己測定器)も市販されていて、薬局などで簡単に手に入ります。

協賛品

ロカボ食の1日の食べ方

朝・昼・晩(各食の糖質量20〜40g)+おやつ(糖質量10g)で、1日の糖質量を70〜130gに抑えること。

ロカボ食では、一切カロリー制限は必要ありません。糖質の多い食材や少ない食材を把握しておけば、それらをいつもより半分くらいに減らして、あとは肉や魚、野菜などをお腹いっぱい食べてもよいのです。

糖質を摂らないのではなく、どう摂るかが鍵。過度な糖質制限は深刻なエネルギー不足に陥る危険もあるので、正しい知識を得て、栄養バランスを考え、何より食事をおいしく楽しみましょう!

定食屋さんで「ロカボ定食」なんていう選択肢が当たり前にある世の中も近いかも?!

← 前のページへ

文・stillwater


旬のシェフズランチ

丸の内シェフズクラブのシェフたちが、日本の「旬」の食材をテーマに創作する特別ランチ。洗練されたシェフの味と共に、皿の向こうの地域、生産者の想いも一緒にいただきます。丸の内で忙しく働く人々のために、早く、安く、おいしい料理を、食材の産地情報を記したランチシートと共に提供します。日本のGDPの23%を稼ぎ出す23万人の街の人々の食生活を応援するプロジェクトです。

詳しくはこちら

Archives

2016.12.01

<江崎グリコ×食育丸の内×丸の内シェフズクラブ> 糖質offグルメフェア開催!ロカボ食ってなにが良いの?

2016年9月8日(木)から18日(日)まで、「食育丸の内」プロジェクトと、今夏、江崎グリコより発売された「糖質オフキッチン 」シリーズのコラボレーションにより、「丸の内シェフズクラブ」のシェフたちが考案したオリジナルメニューがMarunouchi Café×WIRED CAFÉ にて期間限定で展開されました。

詳しくはこちら
2016.10.13

美し!楽し!三重の美食フェア(告知)

2016年11月1日(火)~11月30日(水)@丸の内シェフズクラブ各店舗

詳しくはこちら
2016.09.18

糖質offグルメフェア(告知)

2016.9.8(木)~18(日)@Marunouchi Cafe & WIRED CAFE 及び丸の内エリア

詳しくはこちら
TOP