About

「食育丸の内」とは、三菱地所の「都市と食に関する問題」に取り組むプロジェクトの一環です。「食」に関する様々な活動を通じて、生産者、消費者、レストランが共に手を携え、人々が一層、心身共に健康になれる社会づくりを目指し活動していきます。

詳しくはこちら

Chef's Club

丸の内エリアを中心に活躍されている、日本を代表する和食・フレンチ、イタリアン、アジアン、4ジャンルのシェフ26名によって構成される「丸の内シェフズクラブ」。ただ、調理するではなく、食育を合言葉に、実際に生産地に足を運んだり、子どもたちへの食育授業など様々な提案、イベント発信などを行っています。

詳しくはこちら

Contents

マルシェに行こう
イートアカデミー
旬のシェフズランチ
子どもの食育ウェルカムキッズ
シェフの履歴書
服部幸應の食育のツボ
私を育てた『あの時、あの味』
元気になるニッポンの味めぐり
ラブテリ東京&NYヘルスリテラシー向上委員会
Will Conscious Marunouchi
糖質offグルメフェア開催!ロカボ食ってなにが良いの?

2016年9月8日(木)から18日(日)まで、「食育丸の内」プロジェクトと、今夏、江崎グリコより発売された「糖質オフキッチン」シリーズのコラボレーションにより、「丸の内シェフズクラブ」のシェフたちが考案したオリジナルメニューがMarunouchi Café×WIRED CAFÉにて期間限定で展開されました。

また、丸の内エリアの各飲食店でも同シリーズを用いたアレンジレシピを提供する「糖質offグルメフェア」が開催されたほか、全国5都市をキッチンカーでめぐる、糖質オフアレンジレシピの試食キャラバンキックオフイベントも開催されました

測定の様子1

昨今、「ロカボ(緩やかな糖質制限)食」という言葉をよく耳にしますが、一般的には、ごはんやパン、パスタなどの炭水化物を食べないようにすることだと考えている方も多いと思います。

そもそも糖質は根菜類や豆類、一部の調味料などにも含まれていますし、日本人に生まれたからには半永久的に炊きたてのごはんの誘惑に負けないようにするのは至難の業。また、炭水化物には糖質のほかにもたくさんの栄養が含まれているので、まったく摂らないというのも健康的な食生活をあまりに犠牲にしてしまうだけでなく、外食では選択肢を狭め、ダイエットを目的としている方にとってはリバウンドを誘発する要因にもなっているとも言えるでしょう。

測定の様子2

今回、健康的な食生活を無理なく続けられる「ロカボ食」の水先案内人として登壇したのは、北里大学研究所病院糖尿病センター長で、食・楽・健康協会代表理事の「山田悟 」先生。なぜ「ロカボ食」がよいのかを、図解を活用しながらわかりやすく解説してくださいました。

主食や芋類、甘いお菓子などに多く含まれる糖質は、血糖値を上昇させます。健康な人の場合は「インスリン」というホルモンが血糖値を下げる働きをしますが、糖尿病になるとこのインスリンが充分に出なくなり、血糖値が高い状態が続きます。高血糖の状態が続くと、血管が傷つき、動脈硬化や脳梗塞、心筋梗塞、糖尿病の合併症、ひいてはアルツハイマーやがんなどの原因にもなると言われます。血糖値が高くても自覚症状がないため、発病したときには取り返しのつかない事態になってしまうことも...。その状況を未然に防ぐ方法のひとつが「ロカボ食」であるというわけです。

測定の様子3

しかしながら、冒頭でも触れたように糖質を一切摂らないことがベストなのではなく、ゆるやかに血糖値を上昇させるような食べ方ができればよいのです。

何かを極端に我慢するのではなく、素人にも簡単に取り入れられる方法はないものだろうかと思う方も少なくないはず。そこで一役買ってくれるのが、今夏、江崎グリコより新発売された「糖質オフキッチン」シリーズです。

測定の様子4
→ 次のページへ

旬のシェフズランチ

丸の内シェフズクラブのシェフたちが、日本の「旬」の食材をテーマに創作する特別ランチ。洗練されたシェフの味と共に、皿の向こうの地域、生産者の想いも一緒にいただきます。丸の内で忙しく働く人々のために、早く、安く、おいしい料理を、食材の産地情報を記したランチシートと共に提供します。日本のGDPの23%を稼ぎ出す23万人の街の人々の食生活を応援するプロジェクトです。

詳しくはこちら

Archives

2016.10.13

美し!楽し!三重の美食フェア(告知)

2016年11月1日(火)~11月30日(水)@丸の内シェフズクラブ各店舗

詳しくはこちら
2016.09.18

糖質offグルメフェア(告知)

2016.9.8(木)~18(日)@Marunouchi Cafe & WIRED CAFE 及び丸の内エリア

詳しくはこちら
TOP