About

「食育丸の内」とは、三菱地所の「都市と食に関する問題」に取り組むプロジェクトの一環です。「食」に関する様々な活動を通じて、生産者、消費者、レストランが共に手を携え、人々が一層、心身共に健康になれる社会づくりを目指し活動していきます。

詳しくはこちら

Chef's Club

丸の内エリアを中心に活躍されている、日本を代表する和食・フレンチ、イタリアン、アジアン、4ジャンルのシェフ26名によって構成される「丸の内シェフズクラブ」。ただ、調理するではなく、食育を合言葉に、実際に生産地に足を運んだり、子どもたちへの食育授業など様々な提案、イベント発信などを行っています。

詳しくはこちら

Contents

マルシェに行こう
イートアカデミー
旬のシェフズランチ
子どもの食育ウェルカムキッズ
シェフの履歴書
服部幸應の食育のツボ
私を育てた『あの時、あの味』
元気になるニッポンの味めぐり
ラブテリ東京&NYヘルスリテラシー向上委員会
Will Conscious Marunouchi
旬のシェフズランチ10 一夜限りの「羅臼祭」
日本の最北端、知床の羅臼町が海の幸を抱えて、丸の内に来た!

 『一夜限りの「羅臼祭」』は、知床らうすの海洋深層水を使用した焼酎『グランブルー』にらうす昆布を浮かべたお酒での乾杯からスタート。特別限定メニューを提供している『イーヨ!! yokocho』9店舗で味わえる、海の幸をふんだんに使い、ひと工夫を凝らした料理がずらりとカウンターに並んだ。『Maison kayser Cafe』の「羅臼昆布締めした牛ハラミのグリエ サラダ仕立て」など、和食だけでなく、洋食とのマリアージュも見どころ&味わいどころのひとつ。

昆布酒 乾杯

 各店舗で展開中の特別メニューの紹介が終わると、今宵限りの"羅臼の幸"料理に舌鼓。いくらを贅沢に使った「いくらと鮭節の雑穀おにぎり」、「するめいかのフリット」、「ぶりのソテー レモンソース」などのほか、羅臼町女性部の方々が朝から仕込んだ「つみれ汁」や「お鍋」など、地元の料理も振る舞われた。

開発メニュー紹介 本当に旨味が出る昆布の見分け方を昆布博士が解説。

 「お姉さん、いい昆布の見分け方、知っているかな?料理人だけじゃなくて、一般の方々にも『らうす昆布』の素晴らしさを知って欲しいんです」と、イベント参加者に語りかけるのは、羅臼天然昆布部会長の井田一昭さん。大胆にディスプレイされたらうす昆布を手に取りながら、いい昆布の見分け方、昆布漁の話、出汁のとり方を丁寧に教えてくれる。

昆布名人 井田さん講義01

 「羅臼の昆布は天日干ししたあと、熟成させる"奄蒸(あんじょう)"という作業を20回以上もやるんです。そうすることで、旨味が出る!それだけ手間がかかった昆布なの」と、漁から出荷までの過程も教えてくれた。そして「漁師はね、白く粉をふいた昆布を選びます。この粉が旨味成分なんですよ」。黒々とした綺麗な昆布こそ、旨い!と思いがちだが、本物を知る漁師たちは違った見方をすることも教えてくれた。

昆布名人 井田さん講義02 食のプロたちも大絶賛する、日本食文化の最高峰!

 「羅臼の昆布は本当に旨味のある出汁が出て、薄っすらと綺麗に濁るんですね。超一級品だから、あんまり海外なんかには紹介したくないぐらい」と、有名シェフたちが大絶賛する『らうす昆布』。イベント会場には、恵比寿笹岡の笹岡隆次氏や、日本の料理人たちを育ててきた服部幸應先生の顔も。らうす昆布を手でパリっと割り、小さくして、そのまま口へ含む。しっかり噛みしめて、らうす昆布の旨味を味わいながら漁師や羅臼女性部の方々と"海の幸"の魅力について語り合っていた。

笹岡シェフ、服部先生、羅臼漁港女性部のみなさん

 また、「知床山系から流れ込むミネラルが豊富な河水、そしてシベリア・アムール河から流れ着く豊富なプランクトンが付着した"流氷"が漁場を支え、私たちを元気にしてくれるんです。」とも。東京で暮らす人たちには、なかなか触れる機会がない日本の各地で採れる食材の数々。日本最北に位置する世界自然遺産・知床半島の羅臼町で採れる"海の幸"に触れることで、日本の食文化の豊かさを再確認する夜となった。

会場の様子

 昆布といえば世界遺産登録が決まった日本食文化の立役者といっても過言ではありません。旨味成分グルタミンを豊富に含むだけでなく、海藻にしか含まれない貴重なミネラルである要素を豊富に含んでいます。
 実は、ヨウ素は栄養素の世界三大欠乏のひとつであり、大陸の大きい国の内陸の州では海産物の不足によって起こるヨウ素欠乏症による甲状腺機能低下が長年の問題でした。現在は流通する塩などに事前に添加しておくなどの対策が取られていますが、日本は世界でも珍しく海藻を頻繁に食す民族でした(むしろ、食べ過ぎの方が問題視されてきたほど)
 海藻には食物繊維•ビタミン•ミネラルなど、現在の日本人に不足している栄養素がぎゅっと詰まっています。世界に誇る食文化をもつ日本人として、おふくろの味ともいえる昆布の味は忘れないようにしたいですね。

文・細川モモ

写真・編集部


旬のシェフズランチ

丸の内シェフズクラブのシェフたちが、日本の「旬」の食材をテーマに創作する特別ランチ。洗練されたシェフの味と共に、皿の向こうの地域、生産者の想いも一緒にいただきます。丸の内で忙しく働く人々のために、早く、安く、おいしい料理を、食材の産地情報を記したランチシートと共に提供します。日本のGDPの23%を稼ぎ出す23万人の街の人々の食生活を応援するプロジェクトです。

詳しくはこちら

Archives

2016.03.26

鳥取のとっておき!"ごっつお"ウェルカニランチ(イベントレポート)

真冬の寒さが深まる2月の終わり。とっておきの食材が鳥取県から東京・丸の内に届きました。鳥取県の境港漁港は、年末から年明けまで紅ズワイガニの水揚げでとても賑わいます。今回は揚がったばかりのその紅ズワイガニを使った豪華なシェフズランチが開催されました。

詳しくはこちら
2016.03.25

鳥取のとっておき!"ごっつお"ウェルカニランチ(告知)

2016年2月24日(水)~3月2日(水) 11:00~16:00(平日)/10:00~17:00(土日祝)@丸ビル1階 Marunouchi Cafe × WIRED CAFE

詳しくはこちら
2016.03.24

【連動企画】 シェフのレストランで楽しむ鳥取のとっておき!"ごっつお" SPECIAL MENU (告知)

2016年2月24日(水)~3月24日(木)@「銀座寿司幸本店」(丸ビル35F)、「アンティカ オステリア デル ポンテ」(丸ビル36F)、「家全七福酒家 SEVENTH SON RESTAURANT 丸ビル店」(丸ビル36F)

詳しくはこちら
TOP