About

「食育丸の内」とは、三菱地所の「都市と食に関する問題」に取り組むプロジェクトの一環です。「食」に関する様々な活動を通じて、生産者、消費者、レストランが共に手を携え、人々が一層、心身共に健康になれる社会づくりを目指し活動していきます。

詳しくはこちら

Chef's Club

丸の内エリアを中心に活躍されている、日本を代表する和食・フレンチ、イタリアン、アジアン、4ジャンルのシェフ26名によって構成される「丸の内シェフズクラブ」。ただ、調理するではなく、食育を合言葉に、実際に生産地に足を運んだり、子どもたちへの食育授業など様々な提案、イベント発信などを行っています。

詳しくはこちら

Contents

マルシェに行こう
イートアカデミー
旬のシェフズランチ
子どもの食育ウェルカムキッズ
シェフの履歴書
服部幸應の食育のツボ
私を育てた『あの時、あの味』
元気になるニッポンの味めぐり
ラブテリ東京&NYヘルスリテラシー向上委員会
Will Conscious Marunouchi
いきなり、んめっ! はらくっつい宮城食堂 EAT HEARTILY MIYAGI DINING ROOM

 東北の中でも食材王国と呼ばれる宮城県は、とりわけ一雅(みやび)な食文化を誇ります。それは初代仙台藩主、伊達政宗公のグルメっぷりのおかげでもあります。自ら毎日朝夕厠にこもってその日の献立を考えていたとか。伊達家の食卓には四季折々の行事にふさわしい献立が供され、由緒正しい仕来りの中に季節を寿ぐ気持ちが現れていたと言われます。

食べておいしい、体がよろこぶ大人の食育を追求してきた丸の内シェフズクラブがプロデュースするシェフズランチ企画第7弾、今回はそんな魅力的な宮城県の食材、宮城県のシェフたちとのコラボレーションです。

きっかけは東日本大震災において大きな被害を受けた東北エリアの食材・食ブランドを応援する「Rebirth 東北フードプロジェクト」。

東北と丸の内のトップシェフたちが連携し、東北エリアの食材や伝統野菜を使ったメニューを開発して消費活動につなげます。しっかりと吟味した安全な食材を通じて東北の食ブランドの再生を目指しています。決して一方通行ではないこのプロジェクト、丸の内のシェフたちも現地を訪れて交流を図りながら、東北の食の魅力を発信しています。

"はらくっつい"とは宮城の方言で"まんぷく"のこと。中華、イタリアン、フレンチのシェフが自信をもってお届けする「はらくっつい 宮城食堂」のメニューは、どれも「いきなり、んめっ!」(すごくおいしい!)。しっかり食べ比べて東北へ、宮城へ元気を送りましょう。


Date: 【第1週】2012年 2月20日(月)~ 2月26日(日) 11:30~14:00
【第2週】2012年 2月27日(月)~ 3月4日(日) 11:30~14:00
Place: 丸の内カフェease
(東京都千代田区丸の内2-4-1 丸の内ビルディング1F TEL: 03-5218-5505)
Price: 1,000円(税込)
※デザート・サラダ・ドリンク付


レシピをダウンロード(PDF)
丸の内代表プレート 漢方豚と仙台雪菜のラグソースのスパゲッティ ~ゆずの香り~

味は濃いのに脂があっさりしている漢方豚&えぐみは少ないけれどやはり味の濃いしゃきしゃきした食感の仙台雪菜は、シンプルこの上ない絶妙のコンビネーション。最後にふわっとゆずの香りが舞い下りる小憎い演出!ボリュームもたっぷり。

注目食材! 漢方豚

漢方は人を健康に保ち、自然治癒力を高める東洋の知恵。人に良いものは牛にも良いに違いないと思い試行錯誤を繰り返しながら、4種類、7種類・・・と増やし肉の質を吟味しながら現在の14種類になりました。

注目食材! 仙台雪菜

約3haの農地で雪菜、カブ、枝豆、寒じめほうれん草を中心に栽培しています。露地にこだわって野菜を作っています。

関村牧場
関村清幸さん

相楽農園
相原康彦さん

丸の内代表プレート 宮城県産マーブルポークを使ったまっ黒な酢豚 トマトとタマゴのスープ付き

生姜やタケノコ、ザーサイ入りの肉団子は食感も楽しく、黒酢との合性もばっちり。対するご飯「宮城県産ふゆみずたんぼ米」はさっぱり口当たりのよいお米。何杯でもおかわりしたくなる危険な味です。トマトと卵のスープは北京のお母さんの味。中国の家庭でも伝わるオーソドックスなレシピです。

注目食材! ふゆみずたんぼ米

ふゆみずたんぼは、冬の間も田んぼに水を張ること、多様な生物の営みを活用することで、農薬や化学肥料を使わずに安全、安心な良質米を生産する自然と共生していく農法です。

注目食材! マーブルポーク  

赤身と脂身のバランスが良く、大理石のようなサシが入っているということで「マーブルポーク」という名称にしました。豚肉のくさみが無く、あっさりしていてコクがあるのが持ち味です。

伸萌ふゆみず
たんぼ生産組合

株式会社つかさ屋

東北代表プレート 塩竈メバチマグロのタルタル仕立て、くるみとエスカルゴバター風味のクルトン添え

やや大きめのダイスにカットされたメバチマグロはシャキっとした食感。 ケッパーやコルニションの酸味が効いたオリジナルのタルタルソースで和えることで、さらにメバチマグロの味が引き出されています。エスカルゴバターを塗ったサクサクのクルトンに載せてお楽しみください。

注目食材! 塩竈メバチマグロ

三陸東沖の漁場から漁獲され塩竈市場に水揚げされた生鮮マグロ類のうち、特にメバチマグロは「鮮度」「色艶」「脂のり」「うまみ」に優れています。

仙台マル住水産

東北代表プレート 真鱈のベーコン巻き サフラン風味のソース 蔵王里芋のコンフィを添えて

旬の魚の代表格、背中のマダラ模様が特徴の真鱈と、寒暖の差が大きい蔵王で育った濃厚な味わいの里芋、海と山の恵みがお皿の上で出会いました。ベーコンに守られてしっとり火の入った真鱈に、ねっとりやわらかで、ふんわり甘い里芋をひとつにまとめるのは、幸せを呼ぶ黄色いソースです。

レストラン・シェ・パパ

オーナーシェフ

佐藤 和則

注目食材! 蔵王里芋

宮城県蔵王町産のサトイモで、「土垂れ」と言う蔵王特有の品種です。独特の粘りがあり、ねっとりとした濃厚な味わいと口の中でとろっと溶けるような感じが特長です。

エコファーム蔵王

東北代表プレート ほうれん草入り 宮城米'ひとめぼれ'の米粉のポルポローネ

スペインの伝統的な田舎菓子「ポルポローネ」を宮城で開発した注目の素材でアレンジ。サクッと割れた後に口の中ですっと溶けて行くような軽い食感が特徴です。鉄分豊富なほうれん草の香りが元気を呼ぶ、ヘルシーなおやつ。

仙台ロイヤルパークホテル

総料理長

池田 一之

注目食材! ほうれん草パウダー

原料は有機肥料のみで育てた旬の野菜利用で栄養価の最も高い時期の原料を使用しています。独自開発の遠赤外線を利用し栄養価、風味の損なわない乾燥法を用いた製品です。

注目食材! ひとめぼれ米粉

菅原の米粉は、胴搗きという澱粉を壊さない独自の製法をしています。デンプンを壊さず、程よい粒子にすることにより、甘み・香り・食感など味わいのある米粉作りを目指しております。

おっとちグリーン
ステーション

菅原商店



主催: 三菱地所株式会社
後援: 宮城県、フード・アクション・ニッポン推進事務局
協力: 一般社団法人 大丸有環境共生型まちづくり推進協会、一般社団法人 東の食の会、みやぎ・食の流通ネットワーク、株式会社東北ロイヤルパークホテル

旬のシェフズランチ

丸の内シェフズクラブのシェフたちが、日本の「旬」の食材をテーマに創作する特別ランチ。洗練されたシェフの味と共に、皿の向こうの地域、生産者の想いも一緒にいただきます。丸の内で忙しく働く人々のために、早く、安く、おいしい料理を、食材の産地情報を記したランチシートと共に提供します。日本のGDPの23%を稼ぎ出す23万人の街の人々の食生活を応援するプロジェクトです。

詳しくはこちら

Archives

2016.03.26

鳥取のとっておき!"ごっつお"ウェルカニランチ(イベントレポート)

真冬の寒さが深まる2月の終わり。とっておきの食材が鳥取県から東京・丸の内に届きました。鳥取県の境港漁港は、年末から年明けまで紅ズワイガニの水揚げでとても賑わいます。今回は揚がったばかりのその紅ズワイガニを使った豪華なシェフズランチが開催されました。

詳しくはこちら
2016.03.25

鳥取のとっておき!"ごっつお"ウェルカニランチ(告知)

2016年2月24日(水)~3月2日(水) 11:00~16:00(平日)/10:00~17:00(土日祝)@丸ビル1階 Marunouchi Cafe × WIRED CAFE

詳しくはこちら
2016.03.24

【連動企画】 シェフのレストランで楽しむ鳥取のとっておき!"ごっつお" SPECIAL MENU (告知)

2016年2月24日(水)~3月24日(木)@「銀座寿司幸本店」(丸ビル35F)、「アンティカ オステリア デル ポンテ」(丸ビル36F)、「家全七福酒家 SEVENTH SON RESTAURANT 丸ビル店」(丸ビル36F)

詳しくはこちら
TOP