About

「食育丸の内」とは、三菱地所の「都市と食に関する問題」に取り組むプロジェクトの一環です。「食」に関する様々な活動を通じて、生産者、消費者、レストランが共に手を携え、人々が一層、心身共に健康になれる社会づくりを目指し活動していきます。

詳しくはこちら

Chef's Club

丸の内エリアを中心に活躍されている、日本を代表する和食・フレンチ、イタリアン、アジアン、4ジャンルのシェフ26名によって構成される「丸の内シェフズクラブ」。ただ、調理するではなく、食育を合言葉に、実際に生産地に足を運んだり、子どもたちへの食育授業など様々な提案、イベント発信などを行っています。

詳しくはこちら

Contents

マルシェに行こう
イートアカデミー
旬のシェフズランチ
子どもの食育ウェルカムキッズ
シェフの履歴書
服部幸應の食育のツボ
私を育てた『あの時、あの味』
元気になるニッポンの味めぐり
ラブテリ東京&NYヘルスリテラシー向上委員会
Will Conscious Marunouchi
フレンチシェフの饗宴ご当地スペシャルハンバーグ

 [ご提供メニューについてのお知らせ]

 ご当地スペシャルハンバーグにつきましては、地震の影響から食材が届かない場合、一部メニューを変更してご提供させていただきます。あらかじめご了承くださいますようお願い申し上げます。


 楽しく、おいしく、学べる「食育丸の内ランチ企画」第4弾は、人気のフレンチのシェフ達が「ハンバーグ」をプロデュースします。愛情込めて丁寧に育てられた極上の和牛を各シェフがセレクトし、オリジナルハンバーグに。フレンチの「 テロワール※」精神を活かし、同じ土地で育てられた旬の食材と融合させ、スペシャルなひと皿に仕立てました。あまりお目にかかれない食材を「国産和牛の本物の味、地域自慢の味を知ってほしい」という熱意から、ランチ価格でご提供いただいたのは、生産者の皆さまのご協力のおかげです。食材たちの地域に思いを馳せながら、ご当地スペシャルハンバーグをぜひご堪能ください。


※テロワールの「terre(テール)」とは、フランス語で「大地」や「地球」の意味。お米でもあきたこまちやコシヒカリがあるように、その土地の気候、土壌、風土など土地固有の特徴を活かした作物をつくり、味わうことを言います。
※調達など諸事情により、写真と異なる場合がございます。ご了承ください。

Date: [1週目] 3月7日(月) ~ 3月13日(日) 11:30~14:00
[2週目] 3月14日(月) ~ 3月20日(日) 11:30~14:00

 ※各週共に限定数に達し次第終了
Place: 丸の内カフェease
(東京都千代田区丸の内2-4-1 丸の内ビルディング1F TEL: 03-5218-5505)
Price: 1,000円(税込)
※サラダ、さくらのアイス、ドリンク付 (+300円で赤ワインご提供)

白老町あべ牛と白老豚のハンバーグ インカのめざめのフライとマヨネーズサラダ添え

 ふんわり、かつ弾力のあるハンバーグは、噛めば噛むほど白老町あべ牛のうま味が口の中にジワーっと広がり、肉汁を使ったソースでさらに風味をアップしています。付け合わせもポテトとサラダでシンプルに。懐かしい中にもフレンチの神髄が味わえるひと皿です。

白老町あべ牛と同じ産地の「白老豚」も加え、白老町あべ牛のうま味をさらに引き出しています。
北海道のおいしい食材たち:白老豚、インカのめざめ、紅芯大根、カザフ大根、根セロリ

mikuni MARUNOUCHII
丸の内ブリック スクウェア アネックス 2F
 Chef:三國清三氏

菜の花入り伊賀牛のハンバーグ マッシュポテトと野菜チップス添え

 ピュアな牛肉の味をストレートに味わえる潔いハンバーグ。ほのかに香る菜の花の香りと、りんごと洋梨のオリジナルチャツネのエレガントな甘さで、肉のおいしさをいっそう引き立てます。伊賀産のいろいろな野菜のチップスが楽しい食感を与えています。

ハンバーグのうま味をさらに増すために、伊賀産の豚肉をブレンドしています。
三重県のおいしい食材たち:伊賀産豚、エクストラバージン菜種油、さつまいも、にんじん、さといも、れんこん、ごぼう、じゃがいも

ル・シズィエム・サンズ・オエノン(銀座) Chef:ドミニク・コルビ氏

第1週目のレシピをダウンロード(PDF)

軽く煮込んだ甲州ワインビーフの粗挽きハンバーグ 赤坂とまとのグリルとじゃがいものエクラーゼ

 「肉々しい味を目指した」というハンバーグは、もも、肩、バラ肉の粗挽きで、ぎゅっと凝縮された肉のうまみが存分に味わえます。付け合わせは、シェフも大好きなじゃがいもを潰し、たっぷりバターを混ぜて。プチッとはじける赤坂とまとの酸味がさわやかなアクセントになります。

肉の味わいをより引き立たせるために、「富士桜ポーク」の肩ロースもブレンドしています。
山梨県のおいしい食材たち:富士桜ポーク、赤坂とまと、道志のクレソン

サンス・エ・サヴール(丸ビル35F) Chef:長谷川幸太郎氏

尾崎牛のうまマイズハンバーグ その土地で育ったキャベツのシュートクルートと里芋のとろーりチーズ

 ジューシーな尾崎牛ホエー(乳しょう)を加えてふっくら焼き上げた充実の味わい。シュークルートの酸味がソースと相まってぐっと食欲をそそります。和の代表 里芋はチーズをまとって香ばしいグラタンに。わさび芋のピリッとした辛みもすてきな脇役。

尾崎牛のうま味をさらに引き出すために、「宮崎ハマユウポーク」をブレンドしています。
宮崎県のおいしい食材たち:宮崎ハマユウポーク、夢人参、キャベツ、わさび菜、さといも

イグレック丸の内(新丸ビル5F) Chef:山口浩氏

第2週目のレシピをダウンロード(PDF)

主催: 三菱地所株式会社
協力: 北海道、三重県伊賀市、山梨県商工会連合会、宮崎県
北海道 後援: FOOD ACTION NIPPON 推進本部


旬のシェフズランチ

丸の内シェフズクラブのシェフたちが、日本の「旬」の食材をテーマに創作する特別ランチ。洗練されたシェフの味と共に、皿の向こうの地域、生産者の想いも一緒にいただきます。丸の内で忙しく働く人々のために、早く、安く、おいしい料理を、食材の産地情報を記したランチシートと共に提供します。日本のGDPの23%を稼ぎ出す23万人の街の人々の食生活を応援するプロジェクトです。

詳しくはこちら

Archives

2016.03.26

鳥取のとっておき!"ごっつお"ウェルカニランチ(イベントレポート)

真冬の寒さが深まる2月の終わり。とっておきの食材が鳥取県から東京・丸の内に届きました。鳥取県の境港漁港は、年末から年明けまで紅ズワイガニの水揚げでとても賑わいます。今回は揚がったばかりのその紅ズワイガニを使った豪華なシェフズランチが開催されました。

詳しくはこちら
2016.03.25

鳥取のとっておき!"ごっつお"ウェルカニランチ(告知)

2016年2月24日(水)~3月2日(水) 11:00~16:00(平日)/10:00~17:00(土日祝)@丸ビル1階 Marunouchi Cafe × WIRED CAFE

詳しくはこちら
2016.03.24

【連動企画】 シェフのレストランで楽しむ鳥取のとっておき!"ごっつお" SPECIAL MENU (告知)

2016年2月24日(水)~3月24日(木)@「銀座寿司幸本店」(丸ビル35F)、「アンティカ オステリア デル ポンテ」(丸ビル36F)、「家全七福酒家 SEVENTH SON RESTAURANT 丸ビル店」(丸ビル36F)

詳しくはこちら
TOP