About

「食育丸の内」とは、三菱地所の「都市と食に関する問題」に取り組むプロジェクトの一環です。「食」に関する様々な活動を通じて、生産者、消費者、レストランが共に手を携え、人々が一層、心身共に健康になれる社会づくりを目指し活動していきます。

詳しくはこちら

Chef's Club

丸の内エリアを中心に活躍されている、日本を代表する和食・フレンチ、イタリアン、アジアン、4ジャンルのシェフ26名によって構成される「丸の内シェフズクラブ」。ただ、調理するではなく、食育を合言葉に、実際に生産地に足を運んだり、子どもたちへの食育授業など様々な提案、イベント発信などを行っています。

詳しくはこちら

Contents

マルシェに行こう
イートアカデミー
旬のシェフズランチ
子どもの食育ウェルカムキッズ
シェフの履歴書
服部幸應の食育のツボ
私を育てた『あの時、あの味』
元気になるニッポンの味めぐり
ラブテリ東京&NYヘルスリテラシー向上委員会
Will Conscious Marunouchi
秋のスペシャル江戸前どんぶり!

冷蔵庫の食材を使って家でも作れる!
丸の内シェフズクラブスペシャルレシピも公開!


 丸ビル1F 丸の内カフェease内にて、週替わりで、丸の内シェフズクラブのシェフによるスペシャルどんぶりをご提供します。毎週2名のシェフが参加し4週間で8つのどんぶりが登場! 自宅の冷蔵庫にある食材で簡単につくれるレシピも公開。東京近郊で採れた、野菜・肉・魚をふんだんに使ったスペシャルどんぶりをお楽しみください。

 今回のテーマ食材は「東京近郊野菜」。東京近郊でとれた野菜を東京近郊で消費することは、遠くから食材を運ぶよりも、ずっと環境に優しいことです。東京近郊にはおいしい食材がたくさんあります。これを機会に東京の食材を見なおしてみませんか?


協賛:福井県(お米提供)、株式会社 兵左衛門(お箸提供)
後援:FOOD ACTION NIPPON 推進本部


Date: 10月12日(月・祝)〜11月8日(日) 11:00 - 14:00
Place: 丸の内カフェease (東京都千代田区丸の内2-4-1丸の内ビルディング 1F)
TEL:03-5218-5505
Price: ドンブリ1食 1,000 円

10.12 MON -10.18 SUN

ハッシュドビーフとラタトゥイユのモナリザ丼

【ハッシュドビーフとラタトゥイユのモナリザ丼】

ピラフの上に、ハッシュドビーフ・ラタトゥイユを半分づつ、さらにその上に目玉焼きをのせた見た目もお洒落などんぶり。炭水化物、タンパク質、野菜とバランスよく摂取することができ、忙しいビジネスパーソンにぴったりの一品です。


レシピを見る

レストラン・モナリザ(丸ビル36F) オーナーシェフ 河野 透氏



豚肉と芯取菜のぶっかけとろろごはん

【豚肉と芯取菜のぶっかけとろろごはん】

芯取菜(しんとりな)とは、伝統的な江戸東京野菜の一種で、白菜の変種。お吸い物にするときに芯をとって使っていたことから、こういう名前になったそうです。この白菜と長葱をとろとろになるまで煮て、豚肉と芯取菜を和え、長芋をすりおろしたとろろをかけたのがこのどんぶり。
芯取菜だけでなく、白菜も長芋も長葱も東京でとれた野菜を使用しています。


レシピを見る

人人人(TOKIA 1F) オーナー 中島 武氏



10.19 MON -10.25 SUN

豚肉の治部煮丼と大根のあっさり漬け

【豚肉の治部煮丼と大根のあっさり漬け】

日本料理の手法である治部煮で、お出汁にとろみを出しながら、濃いタレで豚肉の表面を覆い絡め、うまみを閉じ込めました。また、東京の千住葱を合わせることで、さらに食べやすく、風味も一段と増します。ご賞味ください。


レシピを見る

招福樓(丸ビル36F) 主人 中村 成実氏



イタリアンベジタブル「どんぶり」

【イタリアンベジタブル「どんぶり」】

ごぼう、かぼちゃ、なす、かぶ、ズッキーニ、プチトマト、きゅうり、梅などなど、東京でとれる江戸東京野菜をふんだんに使ったヘルシーでさっぱりしたイタリアンメニュー。イタリアンと日本を融合したダブルソースをかけておいしくお召し上がりください。


レシピを見る

アンティカ オステリア デル ポンテ(丸ビル36F) 総料理長 ステファノ ダル モーロ氏



10.12 MON -10.18 SUN

東京チキンライス

【東京チキンライス】

サラダ感覚で楽しめるアジアンチキンライス。チキンはもちろん人参、きゅうり、葱、青葱などの江戸東京野菜を使い2種のソースをかけたどんぶり。ジューシーにふっくらと茹で上げた鶏肉と、ご飯の相性は抜群です。


レシピを見る

マンゴツリー 東京(丸ビル35F) 総料理長 館山 修氏



秋野菜のラグー丼

【秋野菜のラグー丼】

牛のほほ肉と豚の肩ロースをじっくり煮込み、秋なすときのこを添えたラグー丼。有機野菜のビタミンをたっぷり摂れるヘルシーなメニューです。


レシピを見る

グッチーナ(三軒茶屋) シェフ 田口 昭夫氏 



10.12 MON -10.18 SUN

秋サバと秋ナスのトマトカレー風味「どんぶり」丸の内スタイル

【秋サバと秋ナスのトマトカレー風味「どんぶり」丸の内スタイル】

マリネした旬の秋サバを香ばしく焼き、青魚と相性のいいトマトテイストをミックス。サバの下にはカレー風味のカリッとしたオニオンフライを忍ばせ、立ち昇るカレーの香りが食欲をそそります。醤油など日本の調味料を控えつつも実現した和テイストなどんぶりです。


レシピを見る

FRENCH DINING RESTAURANT igrɛk MARUNOUCHI(新丸ビル5F) 総料理長 山口 浩氏



豚玉丼

【豚玉丼】

湯にくぐらせ霜降りにした豚バラ肉を、溶いた卵・塩・コショウ・葱と混ぜ合わせ火を通した豚玉丼。しつこくなく、あっさり、なおかつボリュームのあるどんぶりです。和食の名シェフがつくるどんぶり、お楽しみください。


レシピを見る

分とく山(西麻布) 料理長 野崎 洋光氏



10月15日(木)~10月29日(木) 丸の内ハウス×ソトコト雑穀ごはんたべてる? suppoted by ベストアメニティ

 雑穀ごはん、食べてますか?

 昼から明け方まで店を開け、24万人のオフィスワーカーの胃袋を支える丸の内の食卓「marunouchi HOUSE」では、エコ・ファッションマガジン『ソトコト』とコラボ! 今、話題の「雑穀ごはん」をテーマに、食の生産現場や地球環境に思いを巡らすイベントを開催。期間限定の新米・雑穀メニューや、農家と各界著名人ゲストによるトーク&ワークショップなど、美味しい体験を用意して、お待ちしております。


協賛:ベストアメニティ株式会社


Date: 10月15日(木)〜10月29日(木)11:00~28:00(日曜は~23:00)
Place: 新丸ビル7F marunouchi HOUSE

スペシャルイベント

 10月21日(水)19:00〜 全国各地の雑穀農家が集結して「おらが米、おらが雑穀自慢」トーク! 当日の昼間は、新米と雑穀、秋の野菜などを販売する"HOUSE直売所"も臨時開店。そのほかのイベントに関する詳細は、http://www.sotokoto.net/house/まで。


10月23日(金)~10月24日(土)青空市場ファーマーズマーケット

 マルキューブで、日本各地から選びぬいた「生産者の顔が見える」国産食品を販売します。丸の内シェフズクラブ推薦の生産者も登場。


後援:FOOD ACTION NIPPON推進本部

関連リンク:青空市場


Date: 10月23日(金)11:00〜19:00、10月24日(土)10:00〜16:30
Place: 丸ビル1F マルキューブ

旬のシェフズランチ

丸の内シェフズクラブのシェフたちが、日本の「旬」の食材をテーマに創作する特別ランチ。洗練されたシェフの味と共に、皿の向こうの地域、生産者の想いも一緒にいただきます。丸の内で忙しく働く人々のために、早く、安く、おいしい料理を、食材の産地情報を記したランチシートと共に提供します。日本のGDPの23%を稼ぎ出す23万人の街の人々の食生活を応援するプロジェクトです。

詳しくはこちら

Archives

2016.03.26

鳥取のとっておき!"ごっつお"ウェルカニランチ(イベントレポート)

真冬の寒さが深まる2月の終わり。とっておきの食材が鳥取県から東京・丸の内に届きました。鳥取県の境港漁港は、年末から年明けまで紅ズワイガニの水揚げでとても賑わいます。今回は揚がったばかりのその紅ズワイガニを使った豪華なシェフズランチが開催されました。

詳しくはこちら
2016.03.25

鳥取のとっておき!"ごっつお"ウェルカニランチ(告知)

2016年2月24日(水)~3月2日(水) 11:00~16:00(平日)/10:00~17:00(土日祝)@丸ビル1階 Marunouchi Cafe × WIRED CAFE

詳しくはこちら
2016.03.24

【連動企画】 シェフのレストランで楽しむ鳥取のとっておき!"ごっつお" SPECIAL MENU (告知)

2016年2月24日(水)~3月24日(木)@「銀座寿司幸本店」(丸ビル35F)、「アンティカ オステリア デル ポンテ」(丸ビル36F)、「家全七福酒家 SEVENTH SON RESTAURANT 丸ビル店」(丸ビル36F)

詳しくはこちら
TOP